プロフィール

r89delta

Author:r89delta
STGを愛する生命体。
燃えから萌えまで幅広く好む雑食性で
低難度でも苦戦必至の腕前を持つ。
因みに音ゲーも好きで割とよく遊ぶ。

現在は一人暮らしをしながら大学生活のまっ只中。

アクセスカウンター

STEAMオータムセール

2017.11.26 Sun

どうも皆さんオハコンバンチハ。r89deltaです。
山口はもう冬なんじゃないかと思うくらい寒いですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
(…本当に冬になったらもう二段階くらい寒くなりますが…)

こんな寒い夜はこたつにこもってゲームに限りますなぁ。
…というわけで、虫姫さまのアレンジモードで地獄を見たりしてたんですが、
(実際のところアレンジモードは当たり判定ガバガバなのでかなり避けやすかったりするんですが、やはり物量が…現状エクステ分まで使い切って最終面到達が限界です)
良い感じのタイミングでSteamオータムセールが開催されたので秋の夜長のオツマミを仕入れることに。
Steamストア自体はじっくり見るのは久しぶりなので、色々と増えてたりで楽しくショッピング。
普段セールタイトルしか見ないと新作の情報に中々気づけなかったりするのです。

「あ、Rabi-Ribiだ。これ気になってたんだよねー」
「ナニコレ、牧場物語?…って開発スタバのとこかいっ!」
「ダラCSはセールじゃないのかー。DLC買おうかと思ったんだけどなー」
「お、夜廻…ってSteam版はフリーズするのか…パスで」
「あら、天空璋…ついに幻想郷もSteam入りかー」
(因みに天空璋はCDで入手済みです。せっかくなので地霊殿ほっぽって試しに遊んでみたら5面ボスまで進めましたが、あれ以降進むのはちょっと気合入れてパターン構築しないといけないかも…)

とか色々見て、カートに戻したり入れたりを繰り返しながら検討。
で、最終的に買ったのは「Graze Counter」「BLUE REVOLVER」「Rabi-Ribi(フルセット)」「PORTAL」「PORTAL2」
PORTALは凄い安かったのでつい。だって今回のセールだと2作合わせて300円しないんですよコレ。PORTALに至っては下手すると駄菓子のが高いんですよ。

なんとなーく萌えグラなゲームが揃ってしまいましたが、筆者の趣味です。ハイ。燃えも萌えも大歓迎です。

以下、今回買った作品の簡易レビュー。因みにPORTAL2はまだインストールすらしてませぬ…。
(実は以前にMonolithとDarkestDungeonも買ってるんですが、それはまたいつか。
どっちも面白いですよー…後者についてはよく検討して買うことをオススメしますが…冒険者=残機で脳内変換できるなら大丈夫です


・Graze Counter

20171126003434_1.jpg

タイトル通り。グレイズ取りまくれ。以上!

…えー、タイトル通りグレイズ(カスリ)をメインとしたシューティングです。
世の中カスリ要素のあるシューティングは多いですが、殆どがスコアリング要素なのに対し、本作は攻略にグレイズを取り入れているのが特徴。
(大体はスコアリング→エクステンドなのでどちらにせよ攻略要素ではあるのですが…)
カスってBUZZってレベルアップ…じゃなくて、グレイズをするとグレイズカウンターが溜まっていって、そのゲージを消費して弾消しアリの超強いビームを放てる感じです。
その分敵も本気で撃ちまくってきます。凄まじい殺意です。
…が、ゲージは結構すぐ溜まるし、それとは別に自機鬼強化のハイパーモードもあるので慣れてくると蹂躙可能。
ミスっても安心なシールド機能も搭載。しかも装備次第では時間経過で復活する親切仕様!
だから敵弾の真横で全力煽りプレイだ!危険行為推奨系縦STGの名は伊達じゃないぜ。
全体的に展開が早くて爽快感のあるSTG。ただ、展開が早い分パターンをしっかり組む必要はありますが…。

個人的にはくるくる回る3つのアイテムとか自機デザインから某同人STGを思い出すところ。バリアも紫ですし。
(本能的にアイテムの中心部に潜り込もうとしてました)
尚、開発はびっくりソフトウェア様。フリーSTGのRevolgearⅡが有名です。手堅い作りの名作なのでまだの方はいますぐDLだ!
(旧verのユニバとベテラン漁師お手製のVer.Dは地獄でした)



・BLUE REVOLVER

20171126002932_1.jpg

海外製弾幕STG…らしいですがボイス含め日本語訳アリ。しかも萌え系ボイス。
内容的には高速弾系の弾幕シュー。もっと言うとCAVE。
一面から戦車がこっち向けて高速弾撃ちまくってきます。
自機は特に強いわけでもなく、至って一般的な性能。
本体のショットと、ビットのショット、そしてゲージを消費して放つ特殊武器とボムが自機の武器です。
そして弾消しは一部の特殊武器とボムのみ。高速で迫る弾幕にコレで立ち向かわなくてはなりません。
そんな硬派な本作ですが、デスペナは軽く、なんと抱え落ちの要素ナシ。
死んだら死んだ時に持ってたボム+2つ補充で次の機体に移れます。上限5個という制約はありますが…。
パワーアップ要素もなく、常にフルパワー状態なので弱体化もありません。
難易度はかなり高めですが、ミスを恐れずに動ける、という点で気分はかなり楽です。
(ボム5、6個抱えてる時の不安はシューターなら誰しも経験があるはず…)
尚、スコアリングシステムはコンボ値を貯めてトドメを特殊武器で刺すと高得点…といった感じ。
コンボ値は一定時間でリセットされるのでスコアを稼ぐためには敵を倒すタイミングも重要になってきます。
弾幕の内容も避けてて面白いし、スコアリングシステムもしっかりしてるしで面白いSTGです。
後、個人的にはグラフィックも◎。こういう雰囲気の絵は大好物です。
ただ、グラフィックに凝ってる代償として敵弾が見づらいのが少々難点かも。
(ただ、前述の天空璋のがよっぽど視認難なのはナイショ。あっちもエフェクトが綺麗になった代償です…)



・Rabi-Ribi

20171126002059_1.jpg

人間になってしまったウサギがピコハン持って弾幕避けて物理で殴る(妖精による魔法もアリ)
という字面では何がなんだか分からない弾幕系アクションゲーム。
ゲームとしてはメトロイドヴァニア型の探索ACTで、マップ探索をしながらプレイヤーの強化アイテムを探して、出会った雑魚とボスを片っ端からなぎ倒す…といった内容。
強化アイテムは単純なステータス強化から装備アイテムまで様々。
手に入れた強化アイテムで探索範囲が広がって、またアイテム拾ってボス×して…の繰り返しです。
爆弾で通路を切り開く要素とかもあるので、その点ではメトロイド寄りかも。
因みに雑魚もボスもパロディとリスペクトの嵐です。☆型が変形して弾幕になったりとか壁に張り付いてて高速5WAY撃つ平たい敵とか。そっち方面でもかなり楽しめます。
(弾幕は結構弾幕してるのでご注意を。一応ゴリ押しは可能なレベルですが…)
尚、ウサギ全推しの本作ですが、とある理由からゲーム中に出てくるウサミミは大体敵なので見かけ次第殴りましょう。

現在は難易度NORMAL、モードは探索重視のやつでプレイ中です。
モードに関してはクリア速度重視のものとか、他にも色々ある様子。
かなりやりこみ要素が多そうなので楽しみです。



・PORTAL

testchmb_a_08_advanced0000.jpg

なんだか楽しそうな研究所で楽しそうな試験に参加するという内容のゲーム。
2色のポータルを生成できるポータルガンを持って19の試験をクリアしよう!
※試験中の負傷・生命の損失については一切責任を持ちません。

本作はFPS型のパズルゲームで、2色の色で接続されたポータルを利用してあっちこっち移動しながら仕掛けを解いていくというものです。
このポータルを活用した謎解きがとにかく楽しくて、勢いでクリアまで進めてしまいました。
最初なんてポータルの先にあるものを手づかみで取れただけで感動しました。この感動は実際遊んでみたら分かると思います。
レンダリング設定を最低に落とさない限りポータルの先はリアルタイムで見ることができるので、
「移動する床の上にポータル開ける→自分のそばにポータル開ける→ポータル内に足場が来るのが見えたら飛び込む」
なんて動作ができます。移動床の方を見てタイミング合わせて…とかの必要はないのです。
(上のSSだと青ポータルの先にある赤スイッチが橙ポータルから見えてます)
勿論ゲームが進むにつれて難しくなってきて、重力による加速なんかも利用して攻略する必要がでてきたり。
クリアする頃には君もスキママスターだ!
クリアタイムは3時間くらい。結構気軽に遊べるので是非。
…ただ、難点としてSourceエンジン+ポータルによる視点変化という二重コンボにより画面酔いが酷いです。
HL2も画面酔いと格闘しながらクリアした筆者にとっては苦行モノでした。


…と、以上、購入タイトルの簡易レビューでした。
(PORTAL2はまだ遊んでないですが、多分PORTALと同じなので大丈夫かと…)
個人的にはやはりPORTALが安定の面白さでした。2も楽しみです。
弾幕STG2種もかなり楽しめそう。対弾幕処理能力がアレなのでお察しですが…。
Rabi-Ribiも面白いと噂だったので気になってたんですが、確かに面白いです。
探索ゲー好きなのでこっちもかなり楽しめそうですね。
ではまた今度(-▽-)ノシ
スポンサーサイト

Category: 日記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-)

PageTop↑

Comment

Comment Form


検索フォーム