プロフィール

r89delta

Author:r89delta
STGを愛する生命体。
燃えから萌えまで幅広く好む雑食性で
低難度でも苦戦必至の腕前を持つ。
因みに音ゲーも好きで割とよく遊ぶ。

現在は一人暮らしをしながら大学生活のまっ只中。

アクセスカウンター

PCゲームレビュー「ダライアスバーストクロニクルセイバーズ」

2017.05.19 Fri

どうも皆さんオハコンバンチハ。r89deltaです。
先日、生協の休憩スペースで知人のMHプレイを見ていたところ…

(・  ・  )「MHやってたの?」
(・  ・ )「ならdeltaさん一緒にG怒ジョー行きません?」
( -口-)「んー、でももう数年マルチやってないんだ…」
(・  ・ )「大丈夫大丈夫。オチても気にしないし…」

そんなこんなで迎えた久しぶりのMHマルチプレイ。実はP3以来。
結果は…

(-口-;)「あ、当たらん!俺の愛機(神鋸)が!」
(;-口-)「ちょっと待って!そのブレスやめて!」
(-口-;)「愛娘が喰われるー!」

お言葉に甘えてグギグギグ双剣ブシドーというガチ装備の癖に
龍ブレスで数回死にかけるというグダグダプレイを見事に披露した

今日このごろですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
属性耐性値が酷いのに、そのケアすらしてないのですコヤツ
因みにへたれさんがあたふたしていた一方で、
大剣の人は大技に合わせて的確なカウンターを決め
ヘビィの人は冷静に弱点を貫通で撃ち抜くという
手本のような素晴らしいプレイを披露していました。
ルアーとしては機能したと信じたい。
保険として発動させておいた猫根性…バッチリ機能したぜ!!(涙目)
あ、因みに捕獲要員として期待されておきながら見極め見忘れて
捕獲し損ねて討伐というオマケつきです。もしかして:地雷




そんなパーティ全員が胃を痛めるような緊張感溢れる死闘を制した
へたれさんがお送りする本日のレビュー。

20170518230537_1.jpg

Win用STG「ダライアスバーストクロニクルセイバーズ」を
ご紹介したいと思います。
そうだ…へたれさんはハンターではなく漁師なんだ…
…という自己暗示をかけながらお送りします。

ダライアスバーストクロニクルセイバーズは
ダライアスバーストシリーズの続編。
アナザークロニクルの家庭機移植版となります。
一人プレイ用に調整されたCSモードは勿論のこと、
ACモードまでほぼ完全な移植で収録されています。
ACモードでは、一人では一生かかっても遊びきれないであろう
クロニクルモードも健在。オンラインではAC版同様
他プレイヤーと攻略状況が同期され、大勢で戦ってる感があります。
(オプションで好きな番号のキャビネットを選ぶことができて、
そのキャビネット毎にプレイデータが保存されている感じです)
オンラインCO-OPは無いのですが、ローカルCO-OPは健在。
4人でワイワイ遊ぶも良し、ぼっち1人でじっくり攻略するも良し。
残機無限モードも使い放題なのでとっても豪勢なモードとなっています。
どうしても勝てなかった黒いデカブツにも挑み放題です。わぁい(白目)



今回のレビューで主な対象となるのはCSモード。
CSモードは前述の通り、一人プレイ用に調整されたモードとなります。
画面はACモードよりも狭く、大体半分程度。
星系数もずっと少なく、一人での攻略も現実的なレベルです。
(とはいえ、村クエ全攻略とかよりもはるかに面倒ですが…)

20170518235728_1.jpg

ゲーム中はこんな感じの星系マップを見ながら、
分岐していくツリーをどんどん攻略していくことになります。
左下に表示されているのがその星系の情報で、
ボスやエリアがここに表示されます。
偵察隊が凄く頑張っているのか情報は極めて正確で、
ほぼ相違はありません。
ただ、ボスを含めたエリア数が9以上になる場合、
それ以降の情報は表示されません。

「雑魚ばかりで無双してたらラストに超ヤバイ奴サベージルーラーがいた
という状況が普通に起こるので、長い星系は気合を入れて挑みましょう。
一方で最後にフォスルがいるというナメてるとしか思えない星系も。

星系マップを進めるためには全星系を攻略…
する必要は無く、大きい六角形の星系を攻略すれば
次の大きい六角形の星系までの道が開けるので、
その道中にある小さい星系は無視できます。
小さい星系はチャレンジコンテンツ的な扱いとなっていて、
「ボス一体だけ」の練習用星系から
「残機0+装備固定ルール+オリジンで最後は鯨」という鬼畜星系まで
多種多様な星系が揃っています。

攻略のメインとなる大きい星系にはストーリーがついていることも。

20170518230605_1.jpg

こうしたステージでは無線で会話が挟まれたり、
ゾーン突破後にパイロットの独白が挟まれたりします。

DBCS.jpg

ステージによってはプレイヤーを鼓舞する内容の無線が流れたり、
機体開発・普及の経緯が語られたりと世界観を補完する上で
かなり重要な要素となっています。
スコアとかのメタ的発言もありますが…ダライアスの世界観では
ベルサーに対する撃滅度(スコア)に対して「漁獲高」という
用語を用いているので、あながちメタ発言とも言い切れなかったり。
1人のエースパイロットとして最前線を戦い抜く感覚が味わえるのも
本作ならではの楽しみと言えます。
(レジェンド機にも乗れるのでTi2と同じく人型モジュールかも?
複数人パイロットがいて、プレイヤーが操作するのは
あくまでプラネットセイバーズというチームという可能性もありますが…)


因みに時系列としては
「ベルサーによる攻撃開始~終戦」
という、バーストのストーリー全てを戦い抜く内容となっています。
ダライアス歴で1904年6月にベルサーが襲撃、
1921年1月に最終解放作戦となっているので
約16年間に及ぶ長期戦争となっています。
中には無印バーストをプレイしていればニヤっとくる内容のストーリーも。
リーガに関してはストーリー中で何度か名前が出て来るくらいですが、
Ti2はなんとメインストーリーに関わる重要な存在になっています。
行方不明になったその後が明かされるので、
無印をプレイした人は是非、Ti2の行方を確かめてみてください。
(恐らく終盤にはもうニヤついてられる余裕は無いと思いますが…)

また、過去ルートもあり、こちらはバースト機構が無い時代なので
オリジンやセカンドといった既存の旧シルバーホークで戦うことになります。
(バーストの)ベルサーとの戦争初期へ遡っていくことになるので、
後半は当然かなりの高難易度。
自信がなければ攻略は後回しにするのが無難です。

ステージが豊富ならボスも豊富。
圧倒的ボリュームを誇ったクロニクルモードを受け継いでいるので、
原種・亜種含め相当数のボスがいます。

20161119015231_1.jpg
執拗なオリジンいじめ圧倒的防御力で猛威を奮ったヘビーグラトンズ

20161022232434_1.jpg
今作で画面サイズ縮小の恩恵を受けまくったサウザンドバレッツ

20161119014805_1.jpg
初心者にバースト機構の使い方を叩き込むバイオレントルーラー

20161119015913_1.jpg
お馴染みの強敵として要所要所に立ち塞がるグレートシング

20170320235102_1.jpg
新顔でありながらその鉄拳爪で多くの銀鷹を粉砕したロマンツインクロー

今作も強敵揃いです。
勿論ここで紹介したのはほんの一例。
もっと強いのも、びっくりするくらい弱いのもいっぱいいます。
イカ達とダンスハリセンボンについては仕様上リストラされてしまいましたが、
それでも十分な数のボスがいます。
ただ、いかんせん星系数が多いのでやや飽きてくることも…。

尚、攻略出来ない!という場合はセレクト機という要素があります。
通常、星系毎にプリセット機体として既定のシルバーホークがあるのですが
このセレクト機体を使えば好きなシルバーホークで挑めます。
しかも、パワーアップ状態も好きにいじれるという素敵な仕様。
例えば以下の星系。

20170519005003_1.jpg

このステージはバースト機構を持たないセカンドで、
青玉(回復アイテム)が出ないのに初期アーム値15、その上でラストに
本作屈指の強敵であるブルートグラトンズを配置
するという鬼畜星系。
攻撃力上昇ルールのおかげであっという間にフル強化まで行きますが、
普通にやったら狂ったような物量を前に圧殺されます。
もう上級者でも苦戦しそうな難星系ですが…
セレクト機を使えば簡単に攻略できます。
アーム29枚で相性の良いバースト機を使えばブルートさんも楽勝。
スコアは記録されませんが、クリアしたことにはなります。
それでもクリア出来なければアームを100枚積むことも…。

ただ、便利な機能だけに当然タダではなく、コストがかかります。
具体的には…。

①星系クリアでポイントを入手(クリアできなくても貰える)。
手に入るポイントはスコア÷1000。
②機体を購入する。
  バースト機は高く、非バースト機は安い。
③ポイントを各ステータスに割り振って出撃。
  この時のポイントは出撃毎に消費されるので注意!

…といった感じになっています。
機体購入費がやや重いですが、強化費は思ったより安く、
フル強化で32000ほど。しっかりスコアリングすればプラス収支にできます。
(大体6エリアの星系なら十万くらいは稼げるかと)
アームを限界突破して強化する(枚数を増やす)場合には
かなり高額の費用が要求されますが…。
限界突破しなくても29枚あるので、そうそう無くなることはないかと。
攻略用のオススメはセカンドと新規機体のムラクモでしょうか。
セカンドはフル強化時が全機中最強とも言える基本性能。
最初からフル強化状態になれるセレクト機体との相性は抜群です。
一方のムラクモは単純に機体として強力なので、かなり無茶ができます。
勿論自分の得意な機体でってのもアリです。
へたれさんはセレクト機の時は大体アサルト使ってます。
雑魚の殲滅力が優秀で、スコアリング性能も高めと中々に優秀な機体。
連続カウンターができるならボス戦でも高火力を発揮できるのも嬉しいところ。
爆発タイプのボムのお陰でアンカーミサイルに悩まなくて済むというのも
ポイント。扱いやすくも、奥の深い名機だと思います。
AC版では外伝好きなのもあって外伝機がお気に入りだったんですが…。


そんなこんなで、ダライアスバーストクロニクルセイバーズのご紹介でした。
個人的には、シリーズ全体で見てもトップクラスの遊びやすさだと思います。
単純に全体的な難易度が低い、というのもそうなんですが、
豊富な機体・ボス・シチュエーションのお陰で
飽きずに進められるというのがうれしいところ。
パターン構築の楽しみが無い、といった問題もあるのですが、
新規ユーザー獲得、ということで言えばカジュアル路線はむしろ正解かと。
一方で、普通にやってたらクリアすらおぼつかない難星系も
多く存在するので、そうした星系をメインにスコアリングを極めるのも
また楽しみの一つとも言えます。
オンラインでスコアランキングが出ますしねー。
バースト系の集大成として相応しい、
桁違いのボリュームの名作になっている、そんな印象を受けました。
(…流石に鮫しかいない星系とかはダレてきますが…)
ファンは勿論のこと、全く知識の無い新規ユーザー、
果てはSTGってナニ?って人まで幅広く楽しめるゲームだと思います。
ただ、ステージはおろかボス戦ですらめりこむ程の接近戦が主体なので、
全く経験のない人は細かく位置を調整する練習が必要かと。
貴様もシューティングの近接面に目覚めるのだ…。
心配ならキーボードやアーケードスティックよりはゲームパッド、
それもデジタル入力のものがオススメです。
へたれさん的にはオススメはコレ。

※Amazonに飛びます

BUFFALO レトロ調 USBゲームパッド 8ボタン BSGP815GY


値段がお手頃で、かつそれなりの品質があるオススメ品です。
ボタン数もSTGには多過ぎず少な過ぎずちょうど良い感じ。
(ガンデッドラインとかだとちょいとキツイですが…)
咄嗟の斜め移動がしづらいので弾幕STG向きではないですが、
ダラバーは操作タイミング>操作速度なので
その辺はあまり問題になりません。位置合わせが重要です。
ただ、へたれさんの持ってるやつは既にケーブルが死亡…。
耐久性に難があるかもしれませぬ。
(ただ、STGの他ふぃーりんぐぽみゅせかんどの5Exをプレイしまくる
という、かなり過酷な使用状況だったことは付記しておきます)



因みに、今回はPC版でのレビューとなりましたが、
PS4版とPSVITA版もあります。

※楽天市場の販売ページに飛びます。

ダライアスバースト クロニクルセイバーズ 通常版


【送料無料】 角川ゲームス DARIUSBURST CHRONICLE SAVIOURS(ダライアスバースト クロニクルセイバーズ)【PS Vitaゲームソフト】


PSVITA版は画面サイズの関係でACモードが辛そうですが…
PS4版は次世代機ということでスペック面での不安も無いと思うので、
PCスペックが不安だけどPS4orVITAは持ってる!
という方はこちらを検討してみてください。
(VITA版はどこでもダラバーができるというメリットもあります)

ただ、PC版も決して要求スペックが高い訳ではなく、
実際へたれさんのノートパソコンでも問題なく動かせてます。
「i5-6200U+内蔵グラフィックス+RAM4GB」という貧弱…
とまではいかないものの3Dゲームを遊ぶには辛いスペックですが、
解像度1366x768のフルスクリーン(1920x1080)で
普通に処理落ちも無く動かせてます。
恐らく現行のデスクトップPCなら余程のことが無い限り
快適に動作するかと。この辺りのハードルの低さはAC版譲りでしょうか。
興味があれば是非是非ご検討くださいませ。



久々のSTGレビューとなりましたが、いかがでしたでしょうか。
いやね…十数曲も遊べば大体分かる音ゲーと違って、
割と繰り返し遊ばないとレビューが書けないゲームジャンルなので
結構大変なのよね…。
しかもへたれさん自体がどうしようもないレベルでへたれなので
先に進むのにかなーりやり直す必要があるのです(汗
特に弾幕STGは苦手ジャンルと言って良い程で、
へたれさんが標準難易度でまともに遊べる弾幕STGなんて

・東方紅魔郷(廊下で立ち往生)
・デススマイルズ(オススメルート外れるのが怖い)
・きゅぴシュ~ DANGEROUS!!(思いっきり特殊ジャンル)
・怒首領蜂大復活(スマホ版特有の超高速機動&微調整)
・ダンマクアンリミテッド1~2(え、3?…これ以上聞かないで)

そのくらいです(汗
低難易度とか、コンティニュー使用可とかも含めれば
もうちょい幅が出ますが…なんにせよ厳しいです。
かといって非弾幕STGが得意かと言われるとそうでもないんですが(汗
結局のところ、R-TYPEでシューティングゲームの世界に入った人なので
比較的得意なのは馴染み深いパターン記憶シューだったりします。
そのため新しいSTGを買うとパターン構築やらなんやらで
かなり攻略に時間がかかるのです…。
そのため、STG記事を増やすのは少し大変そうですが、
なんだかんだで一番好きなゲームジャンルなので
これからも頑張って書いていきたいと思います。
ではまた今度(-▽-)ノシ
スポンサーサイト



Category: ゲーム紹介記事(Win)

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-)

PageTop↑

Comment

Comment Form


検索フォーム