プロフィール

r89delta

Author:r89delta
STGを愛する生命体。
燃えから萌えまで幅広く好む雑食性で
低難度でも苦戦必至の腕前を持つ。
因みに音ゲーも好きで割とよく遊ぶ。

現在は一人暮らしをしながら大学生活のまっ只中。

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)

PageTop↑

PC「TaitoLegends2」について

2015.04.30 Thu

気温が上がりつつある今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
r89deltaです。オハコンバンニチハ。

しかし、生物新課程は凄まじいですなぁ。
俺は高校時代いわゆる旧課程教育を受けていて、
去年から予備校で一部新課程教育を受けていたのですが、
移行処置が無くなったので今年は全て新課程教育にシフト。
旧課程との違いに驚きながら勉強しております。
量もそれなりに増えているんですが、内容の変更がかなり多い印象。
生物は未だ分かっていない事が多い分野で、
歴史科目などと同様に今現在もめまぐるしく解釈、認識が変わっています。
それに対応するため、ということでしょう。
例を上げるなら、旧課程では「マクロファージが体液性免疫に関わる」と
いう事が教えられていましたが(間違ってたらすみませぬ)、新課程では
「マクロファージは食作用のみで、樹状細胞が体液性免疫に関わる」
という内容に。これ、かなり変化してますよ!

※体液性免疫
  獲得免疫のうち、
  B細胞による抗体産生での抗原の排除を体液性免疫という。
  因みに、花粉症は体液性免疫によるものである。
  エイズはB細胞に抗体産生を指示するヘルパーT細胞に感染し、
  抗体を作れなくしてしまうため、免疫力が低下する。

体液性免疫については詳しい仕組みがあるのですが、
それを長々と書いてしまうと本編に入れないので略。
詳しく知りたい方は是非、お近くの書店で参考書を購入、
或いはインターネットで検索してみることをオススメします。
われわれの体の中では日々、激戦が繰り広げられているんですよ!
(NHKの「人体」ではSF風の戦闘映像が流れていたくらいです)



さて、大分話が逸れましたが、「TaitoLegends2」についてです。
今年の誕生日にへたれが購入し、旧ブログでも記事にしたのですが、
折角だからこっちでも書いてしまおうという事に。
コイツは中々クレイジーなソフトですぜぇ!
基本的にはよくある「レトロなゲームをたくさんまとめて一本にしました!」
というお得感溢れる内容で、海外版&PC版「タイトーメモリーズ」というべき代物。
ダライアス外伝やメタルブラック、レイフォースやガンフロンティア、
Taitoの大人気アーケード作品を一箇所に詰め込んだ豪華な内容でござんす。
しかしその内容が狂ってる。

ROMデータをそのままぶっこんである。

要するに、ソフト本体は単なるMAMEのエミュレーター。
そこにゲームソフトであるROMデータを突っ込んで動かしてある、と。
本当に公式商品なのか疑いたくなる内容ですが、
ソフトパッケージには確かな「TAITO」のロゴ。
製作担当のXPLOSIVがやらかしたのか、真相は定かではありませんが、
コレを購入し、インストールフォルダを開いた俺の目の前に広がったのは
大量のzip圧縮されたROM達でした。(いや、分かってて買ったんだけども…)
現在はXPLOSIVが事業撤退したため、プレミアがついていて、
かなり高価になってしまっていますが…。
因みに俺が購入した時の価格は7000円でした。
PS3の新作ゲームくらいの価格で済みましたが、一時期二千ちょっとだった
事を考えると…今の値上がりっぷりは凄まじいですな。

内容はアーケードまんまで、近くの割と大きな街にあった
ゲームセンター(エミュ筐体でしたが、ダラ外からR-TYPE LEOまで、
結構なんでも遊べるお店でした。UFOキャッチャーの設定も良心的だった)
が閉店して以来、ダラ外が遊べず淋しい思いをしていた俺としては、
コイン不要で何度でもダラ外が遊べるってだけで大興奮。
勿論レイフォースやメタルブラックも遊べるのでとても嬉しい。
(ダラ外に連射機能がついていないのはちょっと気になりましたが、
そこはアケステの出番。秒間24連射のウェーブがベルサーを焼き尽くす!)
多分、購入からもう既に、1プレイ50円だとしても元が取れるくらい遊んでます。
(上手くいかなくてリセットとかのACでは出来ないこともしてますが)

値上がりはしているものの、
アーケードゲームが遊びたい!という人にとてもオススメ。
インベーダーやアルペンスキーなどの古いゲームも収録しているので
懐かしいなぁ、なんて思いながらプレイするのもまた一興。
まぁ、俺はインベーダーどころか、
ダライアス外伝が発売された時、まだこの世にいなかったんですがね…。

ダライアス外伝・・・1994年発売
俺・・・1996年誕生

そんな現代っ子の俺をも惹きつける魅惑的なアーケードゲーム達。
モンハンやマインクラフトなどの最新ゲームも良い…
しかし、名作ってのはいつ遊んでも良いもんです。

因みに俺をこの世界に引きずりこんだのはWiiウェアで遊んだ
R-TYPEのPCエンジン版。中学一年生のとき、「ゲームといえばモンハン!」
だった俺を見事にノックアウトし、ハマらせた作品です。
そこからR-TYPE⊿、Gダライアス、怒首領蜂と色々遊び、
下手ながらも楽しみながらプレイ。それから時は過ぎ、
今ではゲーセンでSTGが置いてあるのを見るたびに遊ぶ身に。

本気でSTGを愛する人間に比べれば俺はにわか同然の人間ですが、
俺もSTGが好きな人間として、これからも遊んでいこうと思います。
でも、相変わらず腕は上がらないんだよなぁ…。
未だに、たまに赤勲章を避けきれない。
そんなヘタレでした。
ではまた今度(-▽-)ノシ
スポンサーサイト

Category: 未分類

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-)

PageTop↑

Comment

Comment Form


検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。