プロフィール

r89delta

Author:r89delta
STGを愛する生命体。
燃えから萌えまで幅広く好む雑食性で
低難度でも苦戦必至の腕前を持つ。
因みに音ゲーも好きで割とよく遊ぶ。

現在は一人暮らしをしながら大学生活のまっ只中。

USBゲームパッド「BSGP801GY」

2015.04.20 Mon

いやー今日のテストは辛かった!全力でやって二分くらいしか余らなかったよ!
今回の予備校は授業が映像講座で、予約すれば自宅受講も出来るんですが
当然その後の確認テストも自宅で受験することになります。
で、今日の範囲は「部分分数分解」と「等差数列と等比数列の積の和」
数列は前年度、ベクトルに次いで苦手だった部分で、
今回のここは相当鬼門でした。しかも回答時間は怒涛の十五分。
後者は分数と指数を絡めてくるし、ミス出来ない緊張感と計算の煩雑さが合わさり、
さながらロックマンゼロの「ネオ・アルカディアの塔」満点狙いのようだったぜ…。

※ネオ・アルカディアの塔・・・GBAのゲーム、「ロックマンゼロ」のステージ。
               壁中の即死針と嫌らしい雑魚配置で
               普通にクリアするだけでも相当難しいのに、
               タイム評価で満点を取るためにはRTAばりの
               超高速プレイが求められる。満点を狙う場合、
               3ダメージ以上喰らうと減点される。鬼畜。
               しかもボスもかなり倒しづらい。鬼畜。

…流石にそれは言い過ぎですがね!
むしろ、俺みたいな数列が大の苦手な人間が二分残しで解けるだけ、
ネオ・アルカディアの塔よりも断然ヌルいです。
というより、一度挑戦した事があるけど、辛過ぎるぞあれは。

でも、これも俺が数列苦手だからって話で、得意な人は10分もあれば
なんとかしちゃうんでしょうなぁ。
数学が得意になりたい。数学を愛するところから始めないとダメか…。


さて、本題。まぁ、関係無い話を冒頭に挟むのはいつもの事で。
このブログの初レビュー記事を飾るのはコチラ!

SFCコン?いいえ、USBパッドです。

iBUFFALOの「BSGP801GY」です。
旧ブログでは文面だけでサラッと紹介しちゃいましたが、
あれからコイツと共に死線を幾つも潜り抜けてきたので(言い過ぎ)
今回はコイツのレビューといきまっしょい!
まぁ、見るからに「京都に本社がある元花札製造会社が作った
灰色ボディの16bitゲーム機の専用コントローラー
」のパク…オマージュですな。

…まぁ、ぶっちゃけるとSFCコンまんまのUSBコントローラーです。
長年SFCコンと共に戦ってきた歴戦の勇士によると本物に比べてチープだそうで。
俺はSFCとの付き合いはそんなに長くなくて、「スーパーメトロイド」を遊んだ記憶が
ほんのちょっとあるくらい。そもそも幼稚園生の時には既に
「星のカービィ64」で遊んでたからなぁ。あれは良いゲームだった。
ゲームバランスも良好だったし…02戦のBGMは今でもたまに聞くくらい好き。
「スーパーメトロイド」も、是非Wiiウェアで購入して遊びたいもんだ。

でも、「SFCコン」としての出来は悪いとしても、「USBコン」としての出来は
かなり良いですよ。十字キーは適度に押し易くて、ボタンも良い出来。
持った感じがしっくり来るのは、やっぱり任天堂のデザインが秀逸だったという事か。
PSコンを否定する気はないけど(PSコンにも良い所はいっぱいあるし)、
やっぱりゲームのコントローラーっていったら俺はグリップ無しが好きかな。
PSPやVitaでのプレイ歴が長いってのもあるかも。
ただ、自動連射性能には難アリ。1秒間に大体8連打程度なので、
自分で連打した方が早いケースが多々ある。まぁ、疲れないという利点はありますが。
最低でも16連打毎秒は欲しかった!ダラ外が辛いぞコレ!

いくつかゲームを遊んだ感想だと、十字キーでもSTGは結構遊べる。
斜め入力がしづらいけど、指でグリグリやれば自機は思い通りに動くし、
何より、ダラ外をVゾーンだけどノーミス出来た。その後Yゾーンもクリアしたし…。
(但し、前述の通り連射性能が悲惨なのでソフトウェアの力を借りました)
洞窟物語とかはベストマッチ。雰囲気的にも良い。
ブースターの操作がキーボードよりし易くて、裏エンドも余裕だった。
洞窟物語に関してはアケコンよりも操作し易い。LRの存在が大きいね。
アケコンは操作性は抜群だけど、ゲームパッド向けのゲームは辛い…。
RAPV3SAと改造バッファ棒2もその内再レビューしようかな。

因みに、「Pop'n music portable」のノリで「ふぃーりんぐぽみゅせかんど」
も遊んでみたけど、これはやめておいた方が良いか。
PSPは右側ボタンが均等な配置だったけど、コレは独特な配置だから、
緑 赤 緑の同時押しが激しく辛い。
PMPでは一応5Hの「ニエンテ」をクリア出来るけど、
(7ボタン以降は手が追いつかなかった…LRが辛い!
というよりDIVAでヒーヒー言ってるユーザーにゃ無理だ!)
こっちは前述の同時押しが出てくるだけで阿鼻叫喚。
Leonidsとか難易度ハイパーなのに軽く地獄でした。なんとかクリアはしたけど…。
少なくともSFCにポップンは無かったので、
流石に無理があったか…。…GBCにはあったみたいだけど。

音ゲーはボタン配置的に流石にダメでしたが、
ACT、RPGを遊ぶ分には非常に良いコントローラー。
斜め入力が要求されるSTGではちと厳しめですが、低難易度のものなら
なんとかなるので、フリーゲームのGuxtとかGalax、Revolgearにどうでしょうか。
(個人的に超オススメの作品、Hydorahでは流石に厳し過ぎた。地形面で死ねる)
1000円以下で入手可能というのも有難い点。
耐久力に関しては…ふぃーりんぐぽみゅせかんどやらSTGやらで
やたらめったら酷使していますが、いまのところ大丈夫です。
というか、十字キーに関してはもう壊れても良いレベルで押しまくってるので、
耐久力は多分問題無いと思われます。

うむ、短くまとめるつもりだったのに長々と書いてしまったぞ。
今日はこのあたりで。ではまた今度(-▽-)ノシ
スポンサーサイト

Category: 周辺機器(PC)

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-)

PageTop↑

Comment

Comment Form


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Web拍手