プロフィール

r89delta

Author:r89delta
STGを愛する生命体。
燃えから萌えまで幅広く好む雑食性で
低難度でも苦戦必至の腕前を持つ。
因みに音ゲーも好きで割とよく遊ぶ。

現在は一人暮らしをしながら大学生活のまっ只中。

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)

PageTop↑

PC「legend cave」紹介記事

2015.10.22 Thu

皆さんどうもおはこんばんチハ。r89deltaでゴワス。
今回は「legend cave」紹介記事です。
…うん?ぱるメロ!初段突破はどうしたかって?
まだ萎えてませんよ!ただ、ブログをあんまり更新しないのも
良くないので、過去にプレイした事のあるゲームで手軽に
ささっと記事を書いてしまおうって魂胆です。ご理解を…。
(諸事情で先週末の休憩時間は控えめにしたってのもある…)

legend caveはもう名前から既にゲーム内容が分かりそうなゲーム。
世の中に平和をもたらす「鳩の像」を求めて洞窟に潜るゲームです。
分り易くて良いね。もう、冒険者の目的なんてシンプルで良いんです。
ゲームはリアルタイムで進行するアクションRPGとなっており、
かつ様々なアイテムが登場します。
洞窟はランダム生成ではありませんが、配置されるアイテムと敵には
ランダム性があり、序盤からゲーム中最強クラスの装備が手に入る事も
あれば、ゲーム終盤までほぼ必須クラスのアイテムが全然出ない…なんて事も。
本当に酷い時は魔法使いなのに強力な敵に肉弾戦をする状況もあります…。
ただ、ゲーム中必ず必要なアイテムは固定配置されていたりするので
詰む状況はあんまり無いです…”あんまり無い”です。(理由は後述)

ゲーム開始時に操作キャラを選択する事になり、
戦士、魔術師、盗賊、狩人の4人がいます。個人的には最初は戦士がオススメ。
(ただ、ゲーム終盤は魔術師と盗賊が有利。終始安定しているのは狩人)
それぞれ男女どちらかの性別が選べますが…好みでどうぞ。
(一応、男性は攻撃力、女性は移動速度にボーナスがかかる様子)
で、キャラクターを作ったら冒険開始。もう好きなように冒険してください。
ただ、死んでしまうとゲームが最初からになるので注意!
この辺のシビアさはローグライク特有のものですな…。
プレイ時間自体はかなり短い(一応r89deltaは初回クリアタイムが難易度Normalの戦士で56:32でした)
ので、それほどショックにはなりませんが、奥に進めば進むほど緊張感は増します。

で、このゲーム、やってみると分かりますが最初はかなり難しいです。
理由は簡単。説明書には最低限必要な情報しか書かれていないから。
アイテムの効果や敵の特性は基本的に自分で調査しなければなりません。
アイテムの説明も一応表示されますが、かなりぼかした表現になってたりします。
例えば戦士の初期アイテムの「鉄の盾」というアイテム。
説明書には「装備すればある程度の攻撃を和らげることができる」と書いてありますが
ゲーム中では「戦士なら皆持っている、基本的な盾」としか書かれていません。
ここで重要なのが、legend caveにおいては「装備=スロット選択」であるという事。
例えアイテム欄に所持していても、カーソルを合わせていなければ装備していない
扱いになるのです。例えば、ポーションを選択している間、盾は機能しません。
更に鉄の盾は正確には「射撃武器のダメージを軽減する」という効果のアイテム。
説明書に扱い方が乗っているアイテムはごく一部なので、
後は自分で判断する必要が出てきます。

勿論、使用すれば基本的に効果は分かります。大抵アイテムは消滅しますが…。
厄介なのが「装備して、かつ特定の状況下でしか効果を発揮しないアイテム
例として「猫の人形」というアイテム。詳細な説明はあえてしませんが、
特定の敵に対して絶大な効果を発揮します…が、逆にそれ以外では単なるゴミ。
効果の判断が難しく、効果が判明したとしても持ち歩くかどうかの選択に悩む事に。
(ただ、その「特定の敵」はゲーム中でもトップクラスに厄介な敵なので
それの対策として持ち歩く価値は十分にあります)

インベントリには最大13個という厳しい制限があります。
要らないアイテムを多く持ち歩くわけにはいきません。
例えどんなに強力なアイテムでも、邪魔になるなら即捨てる。
これがLCにおいて長く生き残るコツとなります。
ただ、幸いこのゲームに「全く役に立たないダミーアイテム」はありません。
全てのアイテムが何かしらの効果を持っています。
意味の無いアイテムかどうかの判別で悩む事は無いのです。
捨てたアイテムはクリアするかゲームオーバーになるまで永遠に消滅しないため
「いつか役に立つかもしれない」と思ったアイテムは分かりやすいところに
ほっぽっておくと、後で必要になった時に取りに行けます。

敵の種類も豊富です。スライムのような弱さの雑魚モンスター「ファラップ」から
(魔術師の杖殴りですら即死する驚きの弱さ)
実はボスなんじゃないかってくらい強いのに雑魚扱いの「リンドブルム」まで
(散々殴っても死なず、チート火力の攻撃を持つ)
実に多種多様な敵がいます。流石に序盤から終盤クラスの強敵が湧く事は
ありませんが、ゲームに慣れても苦戦するような難敵はゴロゴロいます。
肉弾戦を挑むか、アイテムを使ってササッと片付けるか、いっそ無視するか…
敵ごとの特性を理解して、どう対処するかを決断するのが賢い冒険者です。
因みにへたれは割合アホなので強敵だらけでも殴りにいったりします。短命待った無し。

…と、ここまで書いて何ですが、少し注意点を。
このゲーム、アイテムの使い方は3種類あって、
「使う」と「投げる」と「自動で発動」があります。この内「投げる」が曲者。
このゲームではあらゆるアイテムが投げられます…重要アイテムでさえも。
間違ってゲーム中一つしか手に入らないアイテムを敵に投げつけてしまうと、
大抵僅かなダメージを与えてそのアイテムは消滅します。
更にアイテムを盗む敵もいて、コイツも容赦なく貴重品を盗んでいきます。
(へたれは初回クリアの時、ゲーム中一つしか出ない疾風の靴を盗まれました…)
失った品がゲーム中必須のアイテムだった場合…諦めて帰るしか無いのです。
気をつけてください。鳩の像投げた日にゃ目も当てられませんよ。

ここまでで大体ゲーム内容の説明は終わりましたが、
やはりここはゲームのSSがあると分かりやすいので掲載。
本日はちょっと趣向を変えてプレイ日記的な書き方で行きますぜ。
動画は、ねぇ…未だにクリアタイム30分切れた試しが無いのですよ(汗

LC1.jpg
とりあえずキャラクターは魔術師を選択。性別選択は勿論「女」だ!
(キャラメイクゲーは大体女性キャラでスタートするのが我がポリシー。
でも渋カッコイイおっさんキャラもそれはそれで好きなんだよなぁ…)


LC2.jpg
名前は「ラグナロック」…R-TYPEシリーズで俺が一番好きな機体の名前です。
ゲームとしては⊿が好きなんだけどね。3はちょっと俺にゃ難し過ぎる…。
3とは対照に、⊿は多少適当にプレイしてもクリア出来る難易度。

LC3.jpg
と、閑話休題。早速冒険だ!
この方、いきなり雑魚のスライム相手に弓を接射してますね。
こういうアイテムの使い方は勿体無いので止めましょう。
特に魔術師の場合、魔法書の温存のために弓矢はほぼ必須。
HPもあまり無いので、近寄りがたい敵には迷わず使うべし。
…因みにスライムはポーションをよく落とすので積極的に狩ると吉。

LC4.jpg
えー、出待ちバジリスクから毒もらって瀕死です。
まさか最初に所持していた1個以外に一切ポーションが出ないとは…。
…の割に充実している所持アイテム。右下に2つ並んでる青の魔法書、
割とレアアイテムです。終盤で便利。
このゲーム、こういった事が良くあるのでめげないように。
駄目ならすっぱり諦めてオワタ式するのも一つの手です。

LC5.jpg
やったー!店だー!助かったー!
この洞窟、救いも何も無いと思いきや、ちゃんとお店があります。
お金さえあれば欲しいアイテムを狙って入手出来ますぞ。
とはいえ品揃えは3種類しか無いのですがね。
ポーションは大抵売っているアイテムなので問題無いでしょう。HAHAHA。

LC6.jpg
…。
…因みに、真ん中の指輪はこれまた終盤で非常に便利なので
見つけたら逃さず確保しておくように。
もうだめだぁ…おしまいだぁ…。

LC7.jpg
と思ったらポーション発見!
俺たち(?)の冒険はこれからだ!

あ、因みにここのセーブポイントでSSの収録を止めたので
続きの物語はご想像にお任せします。
ゲーム的にはここまでで大体全体の1/5~1/4くらい。

ゲーム内容はかなりシビアで、操作もやや複雑と敷居の高い作品ですが
(操作性に関してはゲームパッドを使うことでかなり改善します)
慣れてくると毎回変わる展開にドキドキしながら遊ぶゲームに変身。
同じ冒険なんて無いのです。ポーション出なくても泣かない!
また、その性質上、タイムアタックが楽しいゲームでもあります。
当然運がかなり絡みますが、是非チャレンジしてみてくだされ。

下記をクリックすると、現在の配布サイトのVectorに飛びますぞ。
Legend Cave

ではまた今度(-▽-)ノシ
スポンサーサイト

Category: 未分類

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-)

PageTop↑

Comment

Comment Form


検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。