プロフィール

r89delta

Author:r89delta
STGを愛する生命体。
燃えから萌えまで幅広く好む雑食性で
低難度でも苦戦必至の腕前を持つ。
因みに音ゲーも好きで割とよく遊ぶ。

現在は一人暮らしをしながら大学生活のまっ只中。

アクセスカウンター

マナを上げて魔法で燃やせばいい・第十五章

2018.08.27 Mon

どうも皆さんオハコンバンチハ。r89deltaです。
今回もTerrariaの大地で頑張ってみましょう。

前回は新しい装備を手に入れるためにムーン系イベント二種に挑んだ後、うっかり火星人に見つかってひどい目に遭いました。
とはいえ色々収穫もあったので、総合的に見ればそんなに悪くもなかった気がします。
今回は前回頑張って入手した武器を使って隠しボス的な存在に挑みたいと思います。


では続きは追記にて御覧下さいませ。




Terraria15 1

早速ですが海にやってきました。既に何度も来た場所ですが、ボスはここに潜伏しています。
召喚に必要はイモムシは既に二回くらい前のプレイ日記で入手済み。後はボスを召喚するだけです。
因みに今回のポーションは相当なガチ仕様。いつぞやのガチ構成に加え、攻撃力10%増加のWraith Potionまで用意しました。
材料のエボンコイが凄く入手しづらいので耐久ポーション以上に希少なポーションです。
今回戦うボスはかなり手強いので、出来る限りの準備をしました。
とりあえず一回倒してしまえば後はどうとでもなるので全力で挑みましょう。

Terraria15 2

召喚方法はコチラ。まさかの釣りです。

Terraria15 3

というわけでこちらがTerrariaの隠しボス的存在、Duke Fishronさんです。
召喚アイテムの用意が面倒な上に倒さなくてもゲーム進行上問題ないといういかにも隠しボスな彼ですが、
実力も隠しボスっぽさが滲み出ているので気を引き締めて挑みます。

Terraria15 4

まずはバジたんの機動性を引き出すために水中へ。
以前述べた通り騎乗ペットにはマーフォークの水中機動力アップ効果が乗るのでかなりの速度で動けるようになります。
更にバジリスクは最高速に達するまでが早いためSTG並の機動で回避することが可能。
あの調子こいた魚類にへたれシューターの意地を見せてやりましょう。

Terraria15 5

Duke Fishronの攻撃パターンは突進と竜巻、誘導バブルの3種。
突進は必ず3回行なう攻撃で、自機に向かって直線軌道の突進をかましてきます。
残像が出るほどの速度で非常に避けづらい攻撃ですが、ボスの移動方向と垂直に移動すれば回避可能。
壁に追い詰められたりすると大変なのでバトルフィールドはなるべく広くとっておきましょう。
で、突進後は竜巻を発生させてきます。
竜巻は画面内に写ってるいかにも竜巻な物体のことで、触れると当然ダメージ。
しかも竜巻の内部からシャークロンというザコ敵が特攻しかけてきます。
非常にうざったい攻撃ですが、対策が設置位置を誘導するくらいしかないので大人しく逃げるのがオススメ。
幸いサメの軌道自体は単純ですし、攻撃すれば一応倒せるので避けられないことはないはず。
竜巻を出現させた後はもう1セット突進をした後誘導バブルに移行。
こちらはその場でクルッと回ってプレイヤーに誘導する泡を発生させる攻撃です。
攻撃力が高く厄介ですが、幸いにも破壊可能なので手頃な連射武器を浴びせてやりましょう。

Terraria15 6

更にHPを一定量削ると第二形態へ移行。基本的な攻撃パターンは変化しませんが、全体的に色々変わります。
大雑把な変化点は以下の通り

・攻撃力が上昇
・突進速度上昇&回数が4回に
・竜巻の高さが2倍に
・泡の発生量が増加

特に厄介なのが竜巻の高度2倍で、下手すると本当に回避の余地が無くなります。
対策としては今回の戦闘方法の場合、海を少し深めに掘り下げておくのが効果的です。
ついでに水上にプラットフォームを置いておけばそこで発生させたり高さが足りなくても飛び越えたりできるので、
少し邪魔でも一層くらいは敷いておいた方が安心です。

Terraria15 7

とはいえこの辺りから大分余裕も無くなってきます。
そんな時頼りになるのはやはりナース。
ただ、フィッシュロンの攻撃は壁を貫通するものが多いので、
上空やエリア端に待機させたりしてなんとか延命させてあげましょう。
一回利用できるだけでもかなり精神的余裕が出てきます。

Terraria15 8

あとはSpectreHoodも便利。
とにかく攻撃が激しいボスなのでポーション・ナースの2段構えでも削りきられたりします。
そのためHP吸収効果のあるSpecterHoodはかなり有効な装備です。
フィッシュロン自体はあまり固いボスではないので攻撃力低下もそれほど気になりません。
近接特化の場合は相当なレアアイテムですが、Vampire Knifeという手もあるのでご検討あれ。
近接武器でありながらショットガンタイプの挙動、しかも連射可能でHP吸収効果まであるという大変優秀な武器です。
バイオームチェスト産な上にCrimzonの生成されるワールドでしか手に入らないという入手難度がネックですが…。

Terraria15 9

そうこうしている間に画面が青くなってフィッシュロンが最終形態へ移行。
これはExpert限定の形態で、フィッシュロンが透明化して画面からログアウトした後ランダムな位置にワープして突進攻撃をかましてきます
この形態では突進攻撃しかしてきませんが、基本的に突進方向と垂直に逃げなければ避けきれないので非常に厄介です。
一応透明化している時でも目が光ってるので場所の判別はできますが…。
因みに透明化中でもマップにはボスアイコンが移るのでマップを開きながら戦うのも手。
幸いこの形態に入ったらフィッシュロン以外は警戒しなくて良いのでマップだけ見てても大丈夫です。

Terraria15 10

というわけでなんとか撃破。一見余裕がありそうですが、何度か死にかけてます。
フィッシュロンの倒し方は色々ありますが、今回は水中戦法を採用してみました。
他にはWikiで紹介されている重力ポーションを使って空中戦を挑む方法や、テレポーターとアスファルトを利用して逃げ回る戦法が有名ですね。
前者は落下速度をそのまま回避に活かせる戦法で、後者は準備が面倒ですが、攻撃の殆どを無視できる戦法です。
特に後者はプレイヤースキルをそれほど要求しない戦法なのでどうしても倒せない場合はご検討あれ。
武器はとにかく当てやすい武器を優先しましょう。クロロファイトバレットやスノーマンキャノン(Ice Queenのドロップ)、ポセスドハチェット(Golemのドロップ)がオススメです。

Terraria15 11

戦利品オープン。おお、一番欲しかったアイテムが一回目から出ました!
このRazorblade Typhoonは非常に優秀な魔法武器です。

Terraria15 12

これは輪っか状の魔法弾を発射する武器で、発射される弾は壁反射&ホーミング&無限貫通&高速という超強力なもの。
消費MPが二桁で一見燃費が悪そうに見えますが、一回で二発出るので実質的なMP消費はその半分。
オマケに単体火力もこの段階における標準レベルを確保しているという凄まじい逸品です。
魔法使いの最終装備候補にもなりうる優秀な武器なので、魔法プレイならフィッシュロンはなんとか倒したいところ。

Terraria15 13

一緒に出たEx限定アイテムのキノコも大変有用な騎乗ペット召喚アイテム。
装備するとキモ可愛い魚が出てきて背中に乗ることができます。
このペットはUFOと同じく無限飛行可能なペットで、UFOより若干遅いものの無限飛行は言うまでもなく強力です。
また、UFOは水中に入ると消滅してしまいますが、コイツは魚類なので水中で本領を発揮。
水中に入ると目が光って活性化し、超高速で移動できるようになります。
総合的に見るとUFOの方が扱いやすいし入手難易度もUFOの方が下なんですが、今回のように水中戦法を使う場合は非常に有用です。

Terraria15 14

というわけで新たなる相棒達と共にフィッシュロン連戦。
まだ欲しいアイテムは幾つかあるんでね。死ぬがよい。

Terraria15 15

解体一匹目。お、Bubble Gunですね。ガンですがれっきとした魔法武器です。
射程距離の短いショットガンタイプの魔法武器ですが、おぞましい攻撃力と連射速度が特徴です。
超DPSと高燃費を実現したチート臭い武器ですが、魔法装備での接近戦は言うまでもなく危険なので程々に。

Terraria15 16

二匹目も出荷。今度はTempest Staffが出ました。
サメを敵に向かって射出するという、シャークネード不思議な竜巻を召喚できるアイテムです。
連射速度も攻撃力も高いため頼りになりますが、中立モブもガンガン殺してしまうのと周囲が鮫肉まみれになるのが難点。

Terraria15 17

お次はTsunamiですね。
一見普通の弓ですが、5本の矢を一斉発射するという恐ろしい弓です。
攻撃力も標準レベルで、しかも一発ごとの矢の消費は1本のみ。言うまでもなく1.3になるまでは最強クラスの弓でした。
現在はある弓のせいで存在意義が薄くなりつつありますが、入手難度が問題なだけで依然として強力な武器です。

Terraria15 18

海賊がノコノコやってきたので嗜虐。貫通+ホーミングの凶悪コンボで海賊が面白いくらい死んでいきます。

Terraria15 19

海賊船はバブルガンで破壊。
海賊船を海賊たちの目の前で高速解体するの楽しいです(^q^)

Terraria15 20

というわけであんなに苦しめられてた海賊もアッサリ撃退。副産物でDiscount Cardが手に入りました。
持っているとショップのアイテムが値下げされるアクセサリーで、ゴブリンのリフォージも割引価格になるようです。
ドロップ率はかなり低いのですが、あって損は無いアイテムなので是非入手したいところ。

Terraria15 21

召喚アイテムを使い切ってしまいましたが、まだ欲しいアイテムが1つ出てないので再びワーム探し。
理由は分からないんですがここはなんか優秀な狩り場のようです。10分こもっただけで5匹手に入りました。

Terraria15 22

このまま戦っても良いんですが、武器をリフォージしてたら金欠になってしまったのでパンプキンムーンに挑戦。
画像はパンプキングにQuickつけたバブルガンを接射している場面です。
うーん、良い火力。やはり弾幕はパワーですね。

Terraria15 23

金欠も無事解消されたので再びフィッシュロンと殴りあい。
欲しい武器は一通り揃いましたが、まだ欲しいのが1つあるんですよね。

Terraria15 24

お、早速出ました。欲しかったのはこのFishron Wingsです。
ボスドロップにも関わらずドロップ率が一桁という中々のレア装備。
(まぁ中にはボス枠で確率が小数のアイテムとかもあるんですけども)
しかも落とすのが強敵フィッシュロンということもあり、入手難度はかなり高い部類だと思います。
でもコイツはそれだけの価値がある素晴らしい羽なんですよ。

Terraria15 25

この羽はトップクラスの飛行時間に加え、標準の1.5倍の上昇速度をもっています。
ブーツ系も併用すれば縦にも横にも隙の無い機動力を得ることが可能。
更にフィッシュロンの羽ということで、水中での機動力が高いという特徴があります。
水中戦で便利なのは勿論、液体ならなんでもいいらしく蜂蜜や溶岩内でも割とスイスイ移動可能。
ケースとしてはレアですが、蜂蜜と溶岩は一度入ると脱出が難しいのであるに越したことはないです。
1.3で追加された羽が軒並み高性能な上に現在の主流は飛行ペットなので少々影は薄くなりましたが、液体内での機動力は依然としてこの羽のユニーク効果ですし、飛行ペットよりも小回りが利くのは大きな利点。
入手はかなり大変ですが、一個は持っておきたいアクセサリーの1つです。

Terraria15 26

というわけで晴れてフィッシュロンが用済みになったので早速Frost Moonにリベンジしましょう。
短時間で多くの敵を倒さないといけないMoon系イベントにおいて、自動で敵を倒しまくってくれるRazorblade Typhoonは非常に強力。
適当に撃ってるだけで辺りからグチャグチャ音がします。

Terraria15 27

オマケでサメ竜巻も2体召喚してるので辺りはあっという間に肉片まみれに。
そこら中がサメ肉とエルフ肉(腐)だらけです。臭い物凄そう。

Terraria15 28

敵が死にまくってるお陰でウェーブも目まぐるしく移行してます。
開始から約30秒でEverscreamが出現するウェーブに到達。良いペースです。

Terraria15 29

勿論Everscreamにはバブルガンで対処。
一切回避できないのでかなりのダメージを喰らいますが、吸収効果でなんとか相殺できてます。

Terraria15 30

とはいえ流石にボスが増えてくると回復も追いつかなくなってきました。
こういうときは大量に転がってるハートを回収するのがオススメですが、サンタの機雷がえげつない火力なので間違っても当たらないように。

Terraria15 31

そして真打ち登場。この辺りから硬い敵ばかりになってくるので、ウェーブも思ったようには進みません。
ボスクラスを倒せばゲージを一気に進ませられるんですが、Ice Queenはタフな上に攻撃を当てづらいので中々死なないという…。

Terraria15 34

とりあえず攻撃チャンスを逃さずバブルガンで接射。超痛いですが、いい感じでダメージが入ってます。

Terraria15 36

そして結局Ice Queenは何も落とさなかったもよう。もらえたのはこの妙なクリスマスフックだけですね。
微弱ながらも光源効果があるので、中々便利なフックです。基本性能も優秀。

…と、Frost Moonにちょっとリベンジしたところで今回はここまで。
そろそろラスボスに挑むんですが、その前にちょっと色々やってみたいと思います。
なので次回は色々やる回で、その次が最終回ということになりますね。
ではまた今度(-▽-)ノシ
スポンサーサイト

Category: プレイ日記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-)

PageTop↑

Comment

Comment Form


検索フォーム