プロフィール

r89delta

Author:r89delta
STGを愛する生命体。
燃えから萌えまで幅広く好む雑食性で
低難度でも苦戦必至の腕前を持つ。
因みに音ゲーも好きで割とよく遊ぶ。

現在は一人暮らしをしながら大学生活のまっ只中。

アクセスカウンター

ぞんにっき 5ページ目 「【悲報】文明的生活終了のお知らせ」

2018.02.23 Fri

どうも皆さんオハコンバンチハ。r89deltaです。
前回は本屋を漁ったけど欲しい本だけ抜け落ちてるという古本屋あるあるを体験しました。
今回はあの後拠点に帰って、一晩寝た後からの続きです。
もうタイトルでどんなことになるかネタバレしちゃってますが、やっていきましょう。

では続きは追記にて御覧くださいませ。




Zomboid5 1

早速ですが家探ししてます。
というのも、もう十日以上生存してるのでいつライフラインが止まってもおかしくないわけで。
さっさと雨樽作って安心したいので急いで中級者の大工スキル本を探します。
幸いスキル本はシケハウスでなければ棚1つにつき1~2冊ある感じなのですぐ見つかるかと。

Zomboid5 2

で、今度はゾンビからメモが書かれた地図を発見。場所はマルドローのようです。
今回は有益な情報が書いてある様子。ほうほう、あの休憩所っぽいの保管庫なのか。
…うん、既に漁った後です。確かにウマウマでしたよええ。

Zomboid5 3

そして汲み置きしようとしたら…じょうろに半分くらいしか水が入りませんでした。
つまり水道が止まったということです。いつ止まったのかは知りませんが…。
汲み置きしといた水とジュースで凌いでる間に雨樽をなんとか作らないといけませんね。

Zomboid5 4

冷蔵庫も止まってました。つまり電気もストップです。
電化製品自体は正直冷蔵庫ぐらいしか需要が無いんですが、困るのは照明の停止。
このゲーム、夜になると視認困難なレベルで暗くなります。
屋外ならまだ月齢次第では明るいんですが、屋内は構造すら分からなくなるレベル。
なので今後は殆ど昼間にしか探索できないと見て良いかと。
残念ながらゾンビは嗅覚と聴覚がメイン感覚のようなので夜でもこっちを正確に追尾してきます。

Zomboid5 5

緊急時に役立つと思うので懐中電灯を取っておきましょう。
指向性の光源ですが、無いよりはマシです。
ただ、ひたすらかさばるので出来れば持ち歩きたくはないところ。バット並にかさばる懐中電灯とは一体…。

Zomboid5 6

暗くなってきたので今日はこの家に泊まることに。
ですが何故かキッチンに食品類は一切無く代わりに感知センサーとリモートコントローラーがドサっと。
一体どういうコンセプトの家でしょうか。

Zomboid5 7

早く起きすぎてしまったので拝借してきた本を読みます。
…が、専門用語の連続なのか解読不能らしいです。初級飛ばして中級者向けの本読んだからなぁ。
それより照明無い状態でよく読めますねEddyさん。しかも近眼ですよこの人。

Zomboid5 8

問1.このポストの存在意義を200字以内で述べよ(配点20点)

Zomboid5 9

漁っても漁っても手に入るのは匠や熟練者向けの本ばかり。
そんなわけでトレーラーハウス群にまでやってきました。
所謂移動型住宅ですが、時には貧困の象徴ともされる家だけあって物資はしょっぱいです。
ただ、構造が単純な上にキッチンは通常の住宅並の装備なので数を漁れば消耗品を大量補充できます。
逆にバッグや武器などの道具類はあまり手に入らないので、そっちが目当ての場合は一般住宅や店ですね。
少ないながらも本棚もあるので漁っていきましょう。

Zomboid5 10

勿論家扱いなのでアウトハウスもあります。トイレにも奥の部屋にも元住人がみっちり。
これは関わらない方が良いかなぁ。

Zomboid5 11

物欲を抑えきれなかったのでセーフハウスに改造しました。工賃頂きますね。

Zomboid5 12

調子に乗って探索してたら引っかかれました。
3匹しかいないと思ったら森から凄い数出てきて大変なことに。

Zomboid5 13

問題の現場。住居のすぐ近くに森。
こういう家は存在そのものが死亡フラグみたいなもんなので慎重に行くべきかと。
因みに超シケてました。既に誰かが漁った後かな。

ちょっと奥の方に一般住宅が見えたのでそっちも探索しにいきましょう。
見たところゾンビはいなさそうですが…念のため奥の方も見ておくことに。
怪我の具合は心配ですが、幸い治療具は一通り揃えてあるので怖いのは感染だk

Zomboid5 14


あっ


Zomboid5 15
Zomboid5 16
Zomboid5 17


えーっと、建物の角を曲がる時は気をつけましょうね。
ゾンビの速度が早歩きだと反応できない速度で飛び出してくるので…。
今回みたいに固まってた場合ほぼ即死コースです。


で、今後の方針ですが、流石に中途半端なので新キャラでプレイ日記続行の予定です。
Zomboidはキャラクターが死ぬとキャラデータは消去されますが、ワールドデータは残ったままなので
集めた物資とかはそのまま引き継いで使えます。前任者を探し当てられれば持ち物も回収可能。
なので死亡によるデメリットは実質スキルレベルのリセットだけですね。
ただ、同じワールドなので当然ライフライン等は止まってますし有限資源もある程度使用済み。
更にゾンビも大量にいるわけですが…そこはなんとかしましょう。
今回の場合はEddy(故)の残した物資が大量にあるので、倉庫にさえ辿り着ければ多分普通に作業の続きに取り掛かれるかと。

折角なので今から新キャラ作って倉庫目指しましょう。

Zomboid5 18

出来た!筋肉ムキムキマッチョウーマンの大工ガール!!
最近は女性の間でもDIYがトレンドですからね。
大工は最初から大工スキルが3で、しかも経験値に+125%のブーストがついてます。
退役軍人や木こりみたいな固有特性は無いんですが、そのスタートダッシュの速さから初心者にもオススメの職業。
逆に言えば大工スキルをレベル10にした段階で没個性化するんですが、他の職業の場合大抵その前に死にます。
で、今回の特性の構成はこちら。

+器用:アイテム移動が速くなる。
+猫目:夜目が利く。
+野外活動好き:天候の影響を受けづらい。
+幸運:物資の質が良くなる。
+賢者:経験値が早く溜まる。
+軽便:大工仕事+1、刃物保守+1、鈍器保守+1でバリケードを打つ速度が速い。
+強靭:筋力が大きく上昇する。ノックバックも強い。
-がぶ飲み:水の消費が早い。
-薄い皮膚:怪我をしやすく、病気にかかりやすい。
-遅い回復:怪我と病気が治りづらい。
-病気がち:病気になりやすい。
-胃弱:食中毒にかかりやすい。
-血液恐怖症:流血している間パニックを起こす。
-近眼:視野が狭い。
-遅読家:読書が遅い。

随分と豪華な構成ですが、大工は初期ポイントが+2なので初期-8の退役軍人より多めにプラス特性を取れます。
そこに退役軍人では取得できない血液恐怖症の分が入るので実に+13ポイントの差があることになりますね。
血液恐怖症は流血してるとパニックを起こすという特性ですが、怪我してる状態は別にパニックしてても
構わない状況であることが殆どなのでコレもデメリットの小さい特性です。
退役軍人と違って普通にパニクりますが、パニックはベータ遮断薬である程度対策できますしゾンビセンサーとして機能する面もあるので割り切ります。
因みに名前はElenor Airheart。Airheart家の汚名を返上できるよう頑張ってくれたまえ。
ではやっていきましょう。

Zomboid5 21

早速お目覚めのようです。
目覚めのアラームはゾンビの唸り声。急いで物資を回収して逃げましょう。
後継キャラだとゾンビが既に湧きまくった後なので大体殆どの家がゾンビに囲まれてます。

Zomboid5 22

早速フライパンが姫をお出迎え。
これがあれば国道までは十分突破できそうです。

Zomboid5 23

肉食系女子の力を思い知れ。

Zomboid5 24

女子力(物理)を発揮しながら国道へ行進。
お、あの家ドアが開いてますね。恐らく前任者が開けたまま放置したのでしょう。
多分安全なのでちょっと漁ってから再び国道への旅を続けます。

Zomboid5 25

安全でした。フライパンや食品を少し補充できたので拠点まではもちそうです。
そんなこんなでゾンビを調理しながら国道へ到着しました。
前任者の量産した死体から武器を回収しつつ行進継続。
後は倉庫の方角へずんずん進んでいくだけですね。

Zomboid5 26

これはいつぞやのMcCOY LOGGING CO.への道。
ということはもうすぐ拠点ですね。

Zomboid5 27

無事に前任者の拠点に到着。それにしても凄い量の死体だ…。

Zomboid5 28

物資もちゃんと残ってますね。
水道も電気も止まってますが、今回の主人公は職業と特性のお陰で最初から雨樽作れるのでどうにかなるでしょう。
消耗品に関してはまだマルドローの1/10も消費してないと思うので全然大丈夫かと。
地図の下半分用の活動拠点が欲しいところですね。候補はいくつかあるのでそのうち作りましょう。

Zomboid5 29

では今回はここまで。
次回は雨樽を作って本格的に活動開始しましょう。
ではまた今度(-▽-)ノシ
スポンサーサイト

Category: プレイ日記 - Project Zomboid

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-)

PageTop↑

Comment

Comment Form


検索フォーム