プロフィール

r89delta

Author:r89delta
STGを愛する生命体。
燃えから萌えまで幅広く好む雑食性で
低難度でも苦戦必至の腕前を持つ。
因みに音ゲーも好きで割とよく遊ぶ。

現在は一人暮らしをしながら大学生活のまっ只中。

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)

PageTop↑

ぞんにっき シリーズ一覧

2018.03.31 Sat

どうも皆さんオハコンバンチハ。r89deltaです。
試験も終わったということでホッとしております。それはさておき…。
そろそろこのブログにも華のあるコンテンツが欲しい…
ということで唐突に始めますはプレイ日記。

20180214183220_1_20180223000759d10.jpg

今回プレイ対象となるのは「Project Zomboid」
ゾンビ病が蔓延した終末世界で生き残るサバイバルアクションRPGです。
もし失踪したくなったら「ゾンビ化しちゃいました~てへっ☆」で済むという甲斐性の無い筆者にとってこの上なくプレイ日記に向いたタイトル!!
ストーリー仕立てにするか普通にプレイ日記にするか迷いましたが、ここは普通のプレイ日記で。
Falloutとかなら主人公の一人称でロールプレイ!とかも楽しそうですが、とりあえずヲタネタマシマシの軽いノリで行きます。
一応プレイしたことの無い人を意識してなるべくゲーム内容については説明するように心がけて、画像も多めで行きます。
そのため若干重いと思われるのでご容赦を。
後サバイバルゲーの例に漏れず暴力表現アリです。グロ描写は(腐った食品とか除けば)多分ありませんが、死体や血は大量生成するのでそちらもご容赦くださいませ。
というわけでいつ3日坊主になるか分かりませんが始めていきましょう。
(ただ、撮り溜めてあるので少なくともそこまではやると思います)

因みに筆者は去年買ってある程度プレイ済みです。
と言っても「どんなゲームかは知ってる」くらいで、しかも下手っぴなので冬まで生き延びたことがありません。
前遊んだ時はサンドボックスモードで色々いじくって遊んでましたが、今回はMODを入れてプレイ。
入れてるMODは以下の通り。

AddtionalHairColors:ヘアカラーを追加。
SprayPaint:スプレーやチョークで地面に様々な印を書けるようになる。
bcUtils:SprayPaintとbcHotBarの前提MOD。ゲームへの影響は無し。
bcHotBar:画面下にアイテムを登録できるホットバーを追加。
HD Body Retexture:ゾンビを含む女性モデルの改良。全体的に肌色が良くなる。
QuickSwag:ナイフ類やより性能差のある衣服の追加。
Silencer:ハンドガン・ライフル用の消音器を追加。
MissingWeaponModels:バール等の固有モデルの無い武器(見た目がバットになる)に固有モデルを追加する。

全体的に便利にしたり強力なアイテムの追加で難易度を下げたりするMODが中心です。
特にQuickSwagは体温調節を劇的に楽にして、更に強力な刺突系武器を入手しやすくするのでかなり難易度は落ちるかと。
で、そんな環境で遊ぶ今回のモードは「生き残り」シナリオ。
Zomboidにおける最高難易度モードで、ゾンビが強い上に大量にいてしかも物資も少ない、電気も水道もすぐ使えなくなるという殺意マシマシのモード。
そんな鬼畜モードで遊んでいきます。
自分も強い、敵も強い、そんな弾幕STGのようなバランスを期待しています(願望
尚熟練サバイバーはコレをバニラ(非MOD環境)でやるそうです。しかも弱いキャラで。敬礼ッ!!
一応サンドボックスならもっと難しくできるんですが、そこまでやると筆者のSAN値がもたないのでご容赦を…。
因みに開始位置はマルドローに決定。Zomboidには現在4つの街があるんですが、ここが一番田舎です。
物資には乏しいですが、都市に近づけば近づく程ゾンビが多くなるのでゾンビの少ないここは開始位置にうってつけ。
時間はかかりますが他の街に移動することも可能なので、マルドローは腕に自信の無いプレイヤーの味方です。



で、肝心の各記事のリストはコチラになります。

1ページ目 「実践黙示録入門」

2ページ目 「そうこぐらし」

3ページ目 「おいでよゾンビの街」

4ページ目 「斧!斧!斧!」

5ページ目 「【悲報】文明的生活終了のお知らせ」

6ページ目 「銀行占拠者排除」


7ページ目 「倉庫改良素敵計画」

8ページ目 「ZOMBIE EATER」

9ページ目 「ゾンビが為に鐘は鳴る」

10ページ目 「たいせん!サンスターモーテル」

11ページ目 「恐怖の人食いゾンビ!廃都マルドローに死の家は実在した!!」

12ページ目 「Good-bye my town」

13ページ目 「商店街からコンニチハ」

14ページ目 「*トイレのなかにいる*」

増え次第(多分)追記すると思うのでご了承くださいませ。
では興味がある方は該当記事にて会いましょう(-▽-)ノシ
スポンサーサイト

Category: プレイ日記 - Project Zomboid

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-)

PageTop↑

ぞんにっき 14ページ目「*トイレのなかにいる*」

2018.03.31 Sat

どうも皆さんオハコンバンチハ。r89deltaです。
遅ればせながらぞんにっきの更新でございます。

前回はウェストポイント探索の足がかりとして、拠点を確保しました。
その後はコーヒーカフェを襲撃して食料を手に入れようとしましたが、見事にバチが当たりましたね。
今回も懲りずに罰当たり的行為を繰り返して物資を充実させようと思います。ヒャッハー店だァ!!



では続きは追記にて御覧くださいませ。

>>Read More

Category: プレイ日記 - Project Zomboid

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-)

PageTop↑

雷電Ⅳのお話

2018.03.28 Wed

どうも皆さんオハコンバンチハ。r89deltaです。
なんだか暖かくなってきたと共に湿度が高くなってきて、お部屋に蔓延るカビが心配になってくる今日このごろですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

雷電Ⅳ 1

タイトル通り本日は雷電Ⅳ OverKillのお話…と言ってもただアーケードLightの難易度ノーマルをノーコンできたよー!って話なんですが。
いや、実のところ雷電Ⅳの難易度ノーマルは実はアーケード版より一個下の難易度で、しかもLightは一般プレイヤー向けの簡単なモードなんですけどね…所謂NOVICEってやつです。
それでもここ最近割と頑張ってプレイしてたタイトルなのでノーコンした時の感動は結構なモノでした。
因みにここに更に難易度が上昇している上にもう一周遊べるドン!!なアーケードOriginal、2面追加されて全7面構成x2周のAdditional、ボーナスステージ(※但し普通に死ねる難易度)+特殊システムで更に難易度が上がったOverKillがあるわけなのでまだ道半ばというかスタートラインでしゃがんでる段階です…先長いってレベルじゃねぇぞ!!
一応全部偵察済みではあるんですが…一周目はともかく二週目の弾速がヤバくて全くクリアできそうにないです(白目
(具体的にはリアル系FPSとかで弾が飛んでくる時のあの弾速を遮蔽物無しで回避させられます)
とりあえず次の目標は難易度オリジナルのアーケードLightクリアですかねー。
一応ボス戦で死ぬのは4面、しかも決めボムケチった時くらいで、殆ど道中が死因なのでなんとかはなりそうです。
…もっと言うと、死因は7割くらい戦車です。建物の影からニュッと出てきて反応不可能な速度で弾撃ってくるんですよアイツラ。
出てくる場所は固定なので覚えればどうにかなるんですが、当然前の心配もしないといけないのでついウッカリ忘れてると至近距離でドーンと。
極めつけは横にスクロール幅がある場所で、こっそり出てきて画面に入った瞬間ぶちかましてくるパターン
怒首領蜂とかの影響もあって最近ではすっかり戦車恐怖症です。世間ではガルパンとかWoTとかで空前の戦車ブームだというのに。

そんなこんなで雷電Ⅲ、Ⅳはまたちょいちょい進めていこうと思ってます。
一応もう二週間もしない内に大学3年目がスタートするのでそろそろ忙しくなりそうですが…。まぁ、今のところは新学期と就職の準備もしながらのんびりやっております。
ではまた今度(-▽-)ノシ

Category: 日記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-)

PageTop↑

ぞんにっき 13ページ目「商店街からコンニチハ」

2018.03.25 Sun

どうも皆さんオハコンバンチハ。r89deltaです。
久しぶりのProject Zomboidプレイ日記の更新でございます。お待たせ致しました。
世間ではMHWやスプラトゥーン2が流行っている中、このプレイ日記にどの程度の需要があるのかは置いておくとして。

前回はノリと勢いでマルドローを脱出し、一日ぶっ通しであるき続けてウェストポイントに到達しました。
今回からはウェストポイント編です。後2つの街には行かないつもりなのでここが本プレイ日記の最後の地になるかと。
実を言うとそろそろネタ切…ゲフンゲフン
ともかくやっていきましょう。




では続きは追記にて御覧くださいませ。

>>Read More

Category: プレイ日記 - Project Zomboid

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-)

PageTop↑

DBCS 企業パック一時攻略完了

2018.03.17 Sat

どうも皆さんオハコンバンチハ。r89deltaです。
最近花粉症がひどくて中々お外に出られない状況ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
基本的に引き籠り体質ですし、アルバイトはしてないので買い物以外で外に出る用事は無いんですが、家の中に引きこもってると段々と時間感覚が無くなってくるのでなるべくお外には出たいです。
なので雨の日には意味も無く外をうろついてみたり。不審者丸出しですね。

20180317111107_1.jpg

タイトル通り、ダライアスバーストクロニクルセイバーズのDLCモード、現在実装されている企業パックをどうにかして全クリしました。
これに後購入してない機体のテーマパックとCSパックがあるわけですが、ひとまずこれで攻略完了ということで。

で、やはりというかなんというか、基本的にCSモードではやり足りない人がプレイするコンテンツなのでかなり難しかったです。
全部クリアしようって目標はDLC購入当初からあったんですが、地霊殿だったり怒首領蜂だったり弾幕無限だったりしたので比較的気軽に遊べるCSパックに逃げてました。最近は雷電Ⅲもやってました…難しいよアレ。楽しいけど。
で、昨夜ふと休憩所代わりに使われてるDBCSが可愛そうになってきたので企業パックの攻略に乗り出すことに。
(スコアリングが奥深いゲームではあるんですが、エクステンドできれば後は楽しめる範囲で…というへたれシューターな思考の筆者にとってはどうしても休憩所扱いに…。もっともそのせいで稼働率はNO.1ですが…)

で、CSパックに逃げてたとはいえちまちま進めてたので高難易度ステージ以外はほぼクリア済み。
難関と思しきSEGAパックのScramble2も以前攻略済みで、後はDefenderミッションがいくつか。
これならすぐクリアできるねー、とか昨日は思ってたんですが、甘かったです。

20180317015543_1.jpg

こんな感じでHi-νミノカサゴをもて遊んでる内は微笑ましかったんですけどね。

20180317022113_1.jpg

エイティングの3でまさかのゲージギリギリ&アーム1枚に。

20180317022410_1.jpg

ゾーンボスのアジュールを1枚で仕留められたのでなんとかなりましたが、セカンドかつアーム1枚でのアジュール戦は正直寿命が縮みそうな死闘でした。

20180317110954_1.jpg

そして最も苦戦したのがSEGAのDefender5。
装備がミサイル、ボムはシングル、アーム23枚の固定でギガンティックバイトというもう見ただけで発狂しそうな構成で、あちこちで超難関だの最難関だの言われてる鬼畜ミッション。
ギガテは勿論ですが、道中も防衛抜きでもかなり厳しいんじゃないかという感じ。
DLCのDefenderでは中ボスが盾になりながら上下から中型機が防衛ラインへ突撃、後方に雑魚が出現してアームを削る…という構成が多いんですが、このミッションはそれを推し進めたような構成になっています。
WAVE1は開幕はランタン共々ゆるいんですが、その後が「6方向にレーザー撃つ機雷が左→右に大量出現&前方から突撃機」という構成で、安地を上手く活用しながらなるべく突撃機を出落ちさせないとゲージがマズイことになります。
幸い機雷は突破されても大してゲージが減らないので倒せるヤツだけ撃破すれば良いんですが、突撃機は突破されるとゲージが悲惨なことになるのでこっちは必ず全滅させないとあっという間に背後から爆炎が…。
WAVE2はこのミッションで一番キツイと思われる場所で、開幕のゆるめのラッシュを超えると後はもう地獄絵図。高速で突破してくるタイプの雑魚の編隊が山程でる上に、前述の突撃機が多分ここだけなんじゃないかってくらいズラッと並んで飛んできます。
攻撃を許せば非弾幕シューで弾幕シューという訳のわからない状態になり、逃がせばゲージが消滅…という恐ろしい構成です。
一応耐久力があるのは突撃機くらいなので殲滅自体はそれほど難しくないんですが…。
その後も難関で、仮面付きのコロナタスと中型機がバシバシ弾幕を浴びせてくる中、左半分に雑魚が出現しまくるという殺意の高い構成。しかもコロナタス倒してもすぐにハーミットと突撃機の混成部隊が殴り込みかけてくるので…もう気合で避けながらバシバシ倒すしか。
WAVE3は中ボスが色違いだったり後方から雑魚が出なかったりと劣化WAVE2といった感じの構成なんですが、逆に言えばWAVE2の地獄をもう一回やらされるわけで…。とはいえここは2、3枚で抜けることも可能なのでまだマシでした。
で、問題のギガテもHPが低く設定されてるとかそんな救済処置は無く、全力でこっちを殺しに来ます。
ぶっちゃけミサ・Sボム・23枚というだけでもかなりキツイ相手なのに、道中は前述の通り地獄のような構成なので…。
因みに筆者の初突入時は6枚でした。パターン一周した辺りで無慈悲に爆散させられましたよええ。
最終的にはなんとか16枚くらい残せるようになったので、連続カウンター、子機出落ち等々アサルトのスペックをフル活用しながら撃破。
最近SuriahaやKyokkuhoに通ってたお陰でギガテ慣れしていたのが幸いでした。雷電Ⅲもちょっと関係あるかも。
でも今検索したらコレをオリジンやジェネシスでクリアする人もいるようで…もう、凄い、としか言葉が出てこないです。


それにしてもSEGA、CAVE、エイティング、カプコンと見返してみると凄い面子ですね。
正直、このご時勢にここまでの面子が揃うとは完全に予想してませんでした。
ぶっちゃけ、TAITOが自社コラボして終わりかなーくらいに思ってたので…。
しばらく音沙汰が無いのでもしかしたらコレで打ち止めかもしれませんが、後コラボ来るとしたらなんでしょうねー。
コナミは今色々と大変だから無理だろうし…ナムコが有望でしょうか。
ソルバルウは物量には弱いけど、キチ火力の権化ですからね。鯨程度は軽く粉砕してくれるはず。
後は割と真面目に東方コラボとかもあるかなーとか思ってたんですが、TAITOと何かと縁があるとはいえ、流石に企業じゃないし厳しいか。
もしグランゼーラがR-TYPEを復刻したりしてくれてればRコラボも…残念ながらR-TYPEは今もプレミア商品、超品薄状態でございます。はうぅ。
因みに⊿もTYPESもPSNの仕様変更の後、家族アカから人数制限で弾かれたので今持って無いです。再販してくれェ!!
この辺は色々と複雑みたいなので難しそうですが…というか、アイレム解散してなかったんですね。今初めて知りましたよ。今までてっきり革命g…グランゼーラがアイレムの生まれ変わりかと…。


とまぁ、そんな妄想はさておき、これでDLCモードは大体攻略できたことになります。
機体は各企業につき1機ずつしか買わないことにしたので、機体パックをプレイする機会も無さそう。
個人的には興味はあるといえばあるんですが、殆どシルバーホークしか使ってないので買っても無駄になりそうで…。
そんな感じでDLCは多分新しいのが出ない限り買わないと思いますが、CSパックもまだいっぱい残ってるのでまだまだ楽しめそうです。回線がモバイルルーターな関係上、基本オフで遊んでるせいで集計されてないんですが、既に相当な時間プレイしてる気がします。やっぱダライアスは良いですなぁ。
ではまた今度(-▽-)ノシ

Category: 日記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-)

PageTop↑

イヤホンレビュー KZ製 「ZS6」

2018.03.09 Fri

どうも皆さんオハコンバンチハ。r89deltaです。

先日も書いた気がしますが、なんとか実習終わりましたー。
レポートもアレで落とされる感じはしないので単位も取れる…と思うのでガクブルしながら結果をお待ちしております。
ただ、提出日に返却された別の科目のレポートに「余白が狭い」「表のタイトルは上に」とか色々問題点の指摘が書かれてて、
今回のレポートも全く同じように作ってたんですよね…。
そのレポートは80点台でそこそこ良い点貰えてたんですが、指摘が提出後とはいえ同じミスしてると心象悪いだろうなぁ。
…なんか不安になってきた。ここは弾幕を摂取して心を落ち着けよう。


そんなわけでSuriaha行って落ち着いてきたので本日のレビューといきましょう。
(最近ギガテも20枚弱で狩れるようになってきました。アサルト限定ですけども…)

今回レビューするのはKZ社製のイヤホン「ZS6」です。


KZ ZS6 高音質 イヤホン 2ダイナミック&2バランスド・アーマチュア 4ドライバを搭載 ハイブリッド イヤホン 0.75mm 2pin リケーブル イヤホン ブラック メタルハウジング Wooeasy (ブラックーマイク無し)


買った経緯なんですが、実習期間中にふとコイツのレビュー記事を見てしまいまして。
最近中華フォンといって、中国製のイヤホン、ヘッドホンがアツいらしく、コイツの前のモデルがその火付け役なんだとか。
で、肝心のコイツはというと、数千円なのに数万円クラスの性能という恐ろしいイヤホンだそうです。
一昔前だと中国製って言うと安かろう悪かろうだったんですが、近年の中国製品のコスパの高さは筆者もFiioのX1で体感済み。
もう気になって気になって仕方なかったので「実習のご褒美」の名目の元に発注しました。
メイン機はATH-MSR7がバリバリの現役で、サブ機もATH-IM50がまだピンピンしてるにも関わらず、です。
正直自分でもアホなんじゃないかとも思いますが、やってしまったものは仕方ないのでレビューしますです。

IMG_4240.jpg

届いたのがコチラ。価格は5088円で、WTSUN Audioというところからの購入でした。
因みに箱の上部が若干破損してますが、コレは筆者が乱暴に開けたせいですのでご心配なく。
(自分で言うのもなんですが、がさつです)
パッケージは豪華版と簡易版があるらしくて、コレは簡易版のようです。
違いは分からないんですが、なんでも初期生産分が豪華版だったらしいですね。
筆者的には箱は開けたら保証期間が終わるまでしまいこんじゃうので関係のないことですが。
でもこのシンプルなデザイン、嫌いじゃないかも…。


で、ここからレビューに入っていくわけですが、愛機のMSR7のレビューでも述べた通り、筆者はあんまり音響周りに詳しくないです。
音のレビューも素人目線でしか書くことができないので、予めご了承くださいませ。
ただ、その分ゲーマー的な視点から見ていきたいなー、とは思っていますが…。


開封の儀…は写真を撮り忘れたので断念。
イヤホン本体とイヤーピースに、2pinケーブル一本…
そう、約5000円のイヤホンなのに生意気にもリケーブル対応なんですコイツ。
2pinはmmcx程選択肢が広くないんですが、一応普及型の規格ですしIM50みたく入手難ってことは無いかと。

IMG_4236.jpg

イヤーピースは悪くないんですが、肝心のケーブルは…100均イヤホンだってもうちょいマシなケーブルですよ。
浅いL型のコネクタ形状は結構好みなんですが、摩擦が凄くてポケットに入れといただけで知恵の輪が完成するくらい絡まります。
というよりもう既にゴム被膜が剥がれかけてますし…。
あちこちで言われていますが、長く使うならリケーブルは必須そうですね。


KZX41972 KZ ZS5/ZS6 アップグレードケーブル 2pinリケーブル 0.75 4芯イヤホンケーブル (シルバーfor ZS3/ZS6)


幸いケーブルは2000円出せば手に入る上にかなり高品質みたいなので、同時購入もアリかも。

IMG_E4238.jpg

ケーブルの買い替えは後々検討することにして、ひとまずパーツを装着。
おお、中々カッコイイじゃあないか。
…デザインはCampfire AudioのAndromedaという製品に酷似しているそうで、調べてみたら形状が瓜二つでした。
筆者はその辺りは気にならないんですが、気になる人は気になりそうです。
(ほら、STGって基本オマージュ&パロディ祭りですし…)

ただ、その辺を置いとけばかなりカッコ良いイヤホンです。
アルミ製の角張ったハウジングに、銀色に光る留めネジ、3本線のベントという無骨で渋いデザイン。
アーマード・コアで言うならクローム・クレスト系ですねコレは。
金属製なのでやや重いんですが、付けていて気になる程の重さでは無いですし、何より樹脂製よりも圧倒的に頼もしいです。
筆者はこの手の工業系なデザインが大好物なので見た目の印象は良好。
重装フェチには堪らないデザイン。


そんな感じでデザインはかなり好みなんですが、コイツが一番凄いのはその内部構成。
なんとバランスド・アーマチュア型のドライバを2基、ダイナミック型のドライバを2基積んでます。
普通5000円クラスだとBA型一基のみの構成でもコスパお化けとか呼ばれるんですが、コイツはそれを2基搭載。
しかもダイナミック型のドライバも追加で2基搭載してるんです。
これがどういうことかというと、BA型は精密な音、ダイナミック型は迫力のある音を得意とするドライバなんですが、このイヤホンはこの二種を音域によって使い分けてるということです。
前述の通りこの価格帯のイヤホンだと普通はBA型だけでも材料費が吹っ飛ぶんですが…。
ケーブルは安っぽいとはいえリケーブル対応、アルミボディでBA2基とダイナミック2基…召喚魔法でも使ったんでしょうか。

IMG_4241.jpg

早速聞いてみましょう。
掛け方は耳殻に針金入りのケーブルを回して掛ける、所謂SHURE掛けというやつですね。
個人的には耳が痛くなるのでノーマルな掛け方の方が好きなんですが…タッチノイズが出づらいという利点があるのでよく使われる方式です。
この辺りは個人差が大きいので出来れば大型の家電屋とかでの試聴をオススメ。
コイツは多分無いと思いますが、他のSHURE掛けイヤホンなら視聴コーナーのある音響機器売り場なら置いてるかと。
一応注意点として、この手の掛け方のイヤホンは耳の奥に入りづらくて、ちゃんと差し込まないと左右で音のバランスが変わることがあります。しっかし差し込んでくだされ。

音の傾向としては…やっぱ異次元から召喚しただろコイツ、といった感じの凄い音質です。
普段使っているATH-MSR7と比較すると音の繊細さではMSR7が上なんですが、とにかく元気でノリの良い音が特徴。
かといって解像度が低いわけではなく、あくまで元気に、でも鳴らすところはしっかり鳴らす、といった感じ。
BA型のイヤホンは生憎試聴機でしか聞いたことが無いんですが、綺麗に鳴る高音域は記憶にあるBA型のもの。
かつドスンドスンと響くような低音もしっかり鳴らしてくれるので、殆ど隙が無い印象を受けました。
IM50は…数年前の製品とはいえ、正直なところコレと比較すると劣ると言わざるをえません。
…なにより2万するMSR7と聴き比べてすら全く聞き苦しくないってのが異常です(汗
音の上品さや再現性で言えばMSR7の圧勝なんですが、筆者的には威勢の良いZS6のサウンドもかなり好み。
ジャンルとしてはロックとかポップ向きでしょうか。基本的に電子音に強いみたいで、ボカロ系もかなり良い感じでした。

難点としては、まず音の再現にあまり強く無いこと。
特にFPSとかの環境音はかなり違和感が出ます。リアルな感じの音では無いですね。
音ゲーとかで使うにしても、マルチドライバのせいか傾向の違う音が混ざる部分に弱いみたいなので少し難ありかも。
全く使えないわけではない…というか普通のプレイヤーはまず気にならないと思いますが、バリバリの音ゲーマーとかになるともしかしたら気になるかもしれません。
シューティングには素晴らしいですよ。基本的にノリノリですし、爆発音も派手なら再現性とかどうでも良いですし。

次に高音域が刺さるというか、かなり聞き疲れする点ですね。
音が割れることは無いんですが、代わりにかなりキツめの刺さり方をします。
この点に関してはエージングをすることで改善されていくそうなので今後に期待したいところ。
筆者は1RやらIM50やらのせいでエージング肯定派になった経緯があるので割とガチで期待してます。

あと、これは色々とありそうですが、再生機器の性能にかなり左右されるようです。
というのも、パソコンや3DSに挿して使った時はほぼ問題なかったんですが、X1に接続した時だけノイズがかなり出るんですよね。
所謂ホワイトノイズの類なので再生を始めればほぼ気にならなくなるんですが、敏感な人だと気になるかもしれません。
色々調べてみると、低インピーダンス・高感度のダブルコンボのせいで出力の高い機器だと悪影響が出るみたいです。
筆者はあまりこの辺は詳しくないんですが、確かにX1は高出力のDAPなのでこれが原因かもしれません。
とはいえスマホとかは基本的に低出力ですし、殆どの場合は問題ないと思いますが…。

最後は凄い音漏れする点。これに関してはもうしょうがないので割り切るしか。
デカいベント穴が開いてることから分かる通り、ほぼ半開放型と言っても良い構造をしています。
その音漏れ具合といったらiPhoneの付属イヤホン並の音漏れなので公共施設での使用は諦めた方が無難。
野外くらいなら大丈夫そうですが、電車内となるとちょっと分からないですね。
基本的に自宅向きのイヤホンだと思います。でもリケーブルできますしスポーツ用途でも悪くないかも。

後はこれはちょっとよく分からないんですが、どうも個体差が大きいそうです。
あまり製造の精度が高くないそうで、製品に当たり外れがあるとのこと。
ハズレだとパーツの接着が上手くいってなくて、高音が強すぎたり左右で音が違ったりするらしいです。
中には内部のパーツがぐちゃぐちゃに接着されていたパターンもあったとか…。
ただ、これに関しては初期の生産分に限った話で、大量生産が進んだ現在は安定しつつあるという意見も見たのでそれほど心配は無いのかも。
ちゃんとした販売代理業者から買えば1年間は交換保証してくれるし、対応もかなり誠実だそうなのでその点では安心できそうですね。
筆者のは多分大丈夫だと思います。
仮にハズレだとしたら当たりはどんな化け物になってるのか想像もつきませんし…。


以上、KZのZS6のレビューでした。
見た目良し、機能性良し、音質良しとかなり素晴らしいイヤホンでした。
再生環境を選んだり音漏れしたりと扱いづらいのは確かなんですが、この音質で5000円なら納得せざるをえません。
付属ケーブルは色々残念でしたが、金属製ハウジングにリケーブル対応と高耐久な作りも魅力。
内部パーツの寿命が気になるところですが、音響機器は落としたりしなければケーブル以外が故障することは稀なのであまり心配はなさそうです。
ヘッドホンの場合はヘッドバンド部のケーブルの断線とかがある…というか実際それで1Rはお亡くなりになったんですが、イヤホンの場合はコネクタの先はハウジング内部なのでそういうのも無さそうです。ピンが折れたりとかはありそうですが…。

そんな感じですかねー。個人的には大満足でした。
エージングの結果次第ではサブ機と言わずにメイン機と使い分けて楽しむことになりそうです。
ではまた今度(-▽-)ノシ

Category: 周辺機器(その他)

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-)

PageTop↑

ぞんにっき 12ページ目「Good-bye my town」

2018.03.06 Tue

どうも皆さんオハコンバンチハ。r89deltaです。
今日もElenorさんのゾンビを殺す程度の能力を発揮しながら頑張っていきましょう。

前回は電波を受信しようとしたらできなくて、腹いせに「死の家」とやらを襲撃して物資を根こそぎ奪いました。
その後はショットガンをぶっ放してストレス発散もしましたが、結果は…まぁ、想像通りでしたね。
今回はあることをします。
タイトルのダラバーパロでネタバレしてる気もしますが。


では続きは追記にて御覧くださいませ。


>>Read More

Category: プレイ日記 - Project Zomboid

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-)

PageTop↑

ぞんにっき 11ページ目「恐怖の人食いゾンビ!廃都マルドローに死の家は実在した!!」

2018.03.04 Sun

どうも皆さんオハコンバンチハ。r89deltaです。
実習で色々忙しいですがぞんにっきの更新でございます。
今回も有機マニピュレーターで敵から武器を奪い取りながら頑張っていきましょう。

前回は小学校に何故かレーザー照準器付きのチャカが置いてあるという状況に戦慄しました。
続くサンスターモーテルも天井を貫通するドレッサーとかいう恐ろしい家具がありましたし前回は何かと奇妙でしたね。
前者はポインタの代用品、後者はAnomalousアイテムということで納得したので今後も気にせず探索していく予定です。
ですが、その前に少しやりたいことがあるのでちょっとそちらを。


では続きは追記にて御覧くださいませ。


>>Read More

Category: プレイ日記 - Project Zomboid

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-)

PageTop↑

 | HOME | 

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。