プロフィール

r89delta

Author:r89delta
STGを愛する生命体。
燃えから萌えまで幅広く好む雑食性で
低難度でも苦戦必至の腕前を持つ。
因みに音ゲーも好きで割とよく遊ぶ。

現在は一人暮らしをしながら大学生活のまっ只中。

アクセスカウンター

Starbound再プレイ

2017.10.30 Mon

どうも皆さんオハコンバンチハ。r89deltaです。
久しぶりの更新ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。


いや、その、ハイ。色々事情がありましてですね…。
端的に言うと、通信制限に引っかかりかけてました。
AppleがiOSを11にアップデートしたのは良いんですが、やっぱり不具合連発でアップデートが頻発。
それはまぁ大型アップデート直後は仕方ないことなんですが、アプリと違ってOSのアップデートはWi-Fiにつなぎ次第強制的にダウンロードされるので、筆者のモバイルルーター一本な通信環境に大打撃。
月半ばの時点で6GBくらい吹っ飛ばされて、以降ずっと通信量をなるべく抑えてました。
(というかマイナーアップデートでもGB超えってどういうことなの…)
ダウンロードが必要な時はネカフェへGO。今月はネカフェ代だけで5000円超えてます。
…と、そんな生活だったのでちょっとパソコンをネットに繋ぎづらかったのです。
(WindowsはWindowsでアップデートがほぼ強制ダウンロードですしね…)

因みにiOS11については、個人的には待望の画面録画機能が嬉しいところ。
試しにCytusを録画してみたんですが、fpsの低下もなく中々良い感じでした。
(ただ、音が出ないんですよね…設定が間違っているのか、仕様なのか)
ただ、同時に64bitアプリへの一本化という思い切ったアップデートが行われていて、実際に手持ちのアプリが幾つか動かなくなりました。
DotEmuあたりはしっかりアップデートしてくれてたんですが、CAVEとかは公式サイトで「アップデートする気ぬぇ」と言っているので、そちらは少々絶望的。
幸い色々揃える前だったので被害は大復活と大往生、インフィニットジーンに弾幕無限(初代)と割と小規模に収まったのですが、これ多分人によっては万単位で被害受けてるだろうなぁ…。
インターフェイス周りの改善とか良い点も多いんですが、なんとなく飴と鞭な感じがするのは気のせいか…。
とはいえぐだぐだ言っても仕方ないので、前を向いて64bitで面白そうなSTGを探すことにしますぜ。
(とりあえず直近ではスマホ版ストライカーズ1945-Ⅱ、2000が良い感じでした。正確には移植ではなくスマホ向けのアレンジらしいですが…。基本無料で課金要素あるけど難易度PROを攻略できるようになった段階で課金通貨掴み取りな上に、機体開放を除けば非課金状態がアーケードでの標準状態という…)


で、本題。
サベージグソクムシ(非バースト機に救いはありますか)とかピエロ(お前なんか決めボムの刑だ)とかゴールデン大災害(※Novice限定)とかそんな連中との戦いに明け暮れていたら心が荒んできたので、Starboundをまた再開してみました。
色々追加要素があるようですが、今回はModをバリバリ入れてプレイ。
途中でマグマの海にダイブしたりとか色々ありましたが、なんだかんだサクッとクリア。
(しかも飛び込んだのは文字通りの「マグマの海」。回収方法について書かれた記事が無かったら多分萎えてやめてました…)

20171028172613_1.jpg

クリア後はアイテム集めたり街作ったりしてたのですが、今のデータだとMechを入手するクエストで確定でクラッシュすることが発覚。
NingenRaceという(萌え的に)素晴らしいMod種族があるんですが、1.2までしか対応していないので、1.3で追加されたMech用のデータが足りなくてクラッシュする様子。
(むしろ1.2までしか対応していないのが動くってのが凄まじい)
個人利用だし改造しようかなーとも考えたのですが、筆者は残念ながら専門的なところは分からない故、諦めることに。
とはいえMechが使えないと宇宙ステーションに行けないし、他の船とコンタクトできないし、アステロイドベルトにも行けないし…と色々と不便なので、別種族でサブキャラを作りました。
で、選んだ種族はAvali(アヴァリ)。Mod種族ですが、こちらは非公式なものの1.3に対応。Mechもしっかり乗れます。
別にバニラ種族でも良かったんですが、折角だから…という感じで。
(一応、HylotlとFloran、Glitchに関してはプレイ経験アリ。…人外ばっかじゃねぇか!)
因みにAvaliは獣人で、可愛らしい外見とは裏腹に高い技術力と戦闘力を持つ種族です。
外見的にはウサギと始祖鳥を混ぜた感じ。作者的には「ふわふわ羽毛カンガルーネズミオオカミサメラプトル」が当初のコンセプトだそうで…。
下記SSだと、座ってるのがNPCのAvaliで、デカイ銃持ってるのがマイAvaliです。カッコカワイイ。

20171030004932_1.jpg

元々はSporeというゲームのModで生まれた種族で、その作者がStarboundで復活させた感じらしい。
上記画像は筆者の作った建物で、実際のAvaliはテント型の家で生活してます。遊牧民なんだとか。
(テント自体は非常にオシャレでプレイヤーが建てることも可能なんですが、集合住宅で楽に管理したい身としてはあの大きさが…。…一応、このキャラの家はテントです)
高い技術を持ってますが、生活様式自体は遊牧・狩猟とやや原始的。
ゲーム内でもあちこちで集落を見かけることができます。
そして「Take no prisoners !」とか言いながら野生動物にケンカ売ってます
なんとなく某映画のハイテク狩猟民族を思い出す種族ですが、こっちは戦闘狂なわけではなく、基本的に人類に優しいので安心。

この辺に関してはアヴァリwikiが詳しいので気になる方はそちらをどうぞ。
(というか集合住宅にペタペタしたシンボルマーク、向き間違えてますね…後で直しに行こ…)


そんなこんなでStarboundでぼちぼち遊んでますが、やっぱり楽しい。
なんというか一人MMOって感じで、とれる行動の選択肢が幅広いのが素晴らしいです。
個人的にはまだβだった頃(ボスがTierごとに分かれてた時代)から遊んでるタイトルなんですが、ここまで面白いタイトルになるのは正直予想外でした。
まだシステム周り(隕石による破壊がプレイヤーのせいになったり)とかレアアイテムの入手方法とか色々と不満点も多いんですが、その辺はアップデートでだんだんと良くなっていっているし、Modで補強することもできるので、それほど問題でも無かったり。
(特に武器のレベル問題はエンドコンテンツの追加とMod「Weapon Fusion」でほぼ解消された感じです)
まだまだ進化し続けているので、今後が楽しみですねー。
ではまた今度(-▽-)ノシ
スポンサーサイト



Category: 日記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-)

PageTop↑

 | HOME | 

検索フォーム