プロフィール

r89delta

Author:r89delta
STGを愛する生命体。
燃えから萌えまで幅広く好む雑食性で
低難度でも苦戦必至の腕前を持つ。
因みに音ゲーも好きで割とよく遊ぶ。

現在は一人暮らしをしながら大学生活のまっ只中。

アクセスカウンター

PC用FPSレビュー「Eldritch」

2017.05.28 Sun

どうも皆さんオハコンバンチハ。r89deltaです。

先日、地域のお祭りがあってそれに参加してきました。

( -口-)「覇王鬼帝…今日こそ貴様を倒す!」

ポップコーンを作り続けること4時間…

左腕を痛めました。

(因みに二回に渡って行われましたが、ポップコーン
作ったのは一日だけです。やっぱりしょぼい)



さて、アンパンやキティちゃんとの格の違いを思い知ったへたれさんが
お送りする本日のレビュー、「Eldritch」でございます。

20170528112949_1.jpg

海外で作られたインディーのFPSで、クトゥルフ神話を題材にした
ローグライク風味のゲームとなっております。
シレンとかトルネコをFPSにした感じを思い浮かべて
頂ければ分かりやすいかなー、と思います。


旧きものどもを図書館ごと封じ込めるため、
3つの本の世界を巡って魂を回収し、
地下図書館を脱出することが目標となります。


ただ、クトゥルフ神話と言ってもSAN値が削られるような
えぐたい怪物は出てきません。
みんなイイ感じにデフォルメされています。

20170528114617_1.jpg

お馴染みの魚人、深きものどもはこんな感じで、

20170528114438_1.jpg

あのショゴスですらドーモくんキモカワなゆるキャラ風に!

まぁ、中には割とえぐたい見た目の奴もいるんですが…
ドラクエとかの方がまだえぐたいのがいる感じなので、
外見で受けつけないってことはまずないかと。




20170528113529_1.jpg

…まぁ、怖くないとは言ってませんがね…
本作は見た目こそ可愛らしいものの、恐怖感は中々のもの。
例えば前述のショゴスはクトゥルフ神話内での設定を
反映(生命力が極めて強い)していて、絶対に死にません。
銃で撃とうが、ダイナマイトで爆破しようが、絶対死なないのです。
しかも移動速度が速い・攻撃力が高い・感知能力も高いと
超高性能なキャラクター。変幻自在という設定故か、
巨体なのに扉ぐらいは余裕で潜ってくる能力まで持ってます。
曲がり角曲がったらコイツが居た時は心臓が止まりそうになります。
ただし、攻撃時に脚が止まることを知ってしまった後は
袋小路ですらSS撮る余裕があるくらいのただのカカシになります。


他にもこちらが背を向けるとテレポートして攻撃してくる石像、
何度倒しても一定時間で復活する敵など、厄介な連中ばかり。
魚人とかは正直ももんじゃレベルですが、
(一応、攻撃速度が速いので素手だとそれなりに強いです)
他の敵は何れもなんらかの能力・特徴を持っているので、
それこそ不思議のダンジョンよろしく、出会った敵に応じて
柔軟に戦法を変えていく必要があります。

その分こちらに用意されているアイテムは色々あります。
銃はリボルバー一丁のみですが、他には罠が張れるクロスボウや
壁や床をブチ抜けるダイナマイト、特殊な効果を付与する装備品等
割と色々なアイテムがあります。数はやや少なめですが…。

そして、アイテムによっては使い道が
複数用意されていたりするのも面白いところ。

例1)石ころ
何の変哲もない石ころですが、序盤の敵なら不意打ちから
一撃で殺れる程の威力があります。大体銃と同じくらい。
しかも敵は音源に向かって歩く性質があるので、陽動にも使用可能。
敵に投げつけた後は拾えば再使用可能…と、
中々侮れない遠距離武器です。中盤以降は流石に厳しいですが…。
瓶も同じ能力がありますが、こちらは再使用不可。
拠点エリアの図書館に幾つか落ちてるので、
とりあえず持っておいて見かけた敵に投げるのがオススメ。

例2)ナイフ
本作においてメイン攻撃手段になる武器です。
銃弾はそこそこ手に入りますが、出会う敵に一々使ってたら
何発あっても足りないので、これを使って節約するのが大事です。
某生物災害と違って銃並の威力があり、頼れる武装です。
(ベロニカとか4のナイフはかなり頼れるんですがねー…)
この武器のもう一つの使い道は、扉を破壊できること。
通常、鍵がかかってる扉は鍵が無いと開けることができませんが、
ナイフで扉に向かって攻撃し続けると扉を砕くことができます。
鉄の扉は砕けませんが、木製なら鍵がかかってようがなんだろうが
問答無用で砕けます。3枚砕くとナイフが逝きますが…。
ナイフは割と頻繁に落ちてるので、
覚えておくとかなり鍵を節約できるかと。

こんな感じで、アイテムそれぞれにユニークな能力があるので、
特徴を覚えて使いこなすことが重要です。

20170528114650_1.jpg

時にはこんな感じでレアなアイテムが手に入ることも。
上のアイテムはメディキットで、パック系装備のアイテムです。
これを持っていると死んだ時にアーティファクト(通貨)を
50消費して復活することができます。
いざという時に役立つのは勿論、死んだら即全ロストの
本ゲームにおいて、精神的余裕を生み出してくれるという
決して無視できないメリットもあります。
(特に長丁場・高難易度のMoMでは必須と言っても過言では無いです)
ただ、装備系アイテムはメダル系、ブーツ系、パック系の
三種類があり、どのアイテムが出るかは完全ランダムなので
狙ったものを手に入れるのはかなり難しいです。
上記の場所は必ず装備品が落ちてる場所ですが、
装備品が落ちているロケーションは基本的にレアなので、
虱潰しに探索するくらいでないと中々見つけられません。
体感ですが、ニャルラトホテプの世界で見つけやすい感じです。
場所はヒミツ


で、そんな時に役立つのがお店。

20170528114025_1.jpg

アーティファクトを対価として消耗品や装備品等を買えます。
装備品は4個取り扱っている上に、各ジャンルごとに
分けてあるので、狙っているアイテムを引きやすいです。
(尤も、メディキットとかはかなり高価ですが…)
所持金が足りない場合は盗むこともできますが…。
当然店主は攻撃してくるのでご注意を。
見た目は魚人とかお馴染みの連中ですが、
耐久力・速度・攻撃手段、どれもかなり強化されてます。
ぶっちゃけ本作のボス戦と言っても差し支えないかと。

20170528121623_1.jpg

ただ、見事倒すことが出来れば全品100%OFFになるので
狙う価値は十分ある…というか、店長がショゴスでも無い限り
銃でパシパシ、最悪ナイフ持ってサテライトすれば楽に勝てるので
慣れてくると店は宝物部屋と大差無い扱いになります。
(ショゴスの場合は不死身なので窃盗一択です。ご注意を)


他には魔法なんて要素もあります。
やっぱりアーティファクトを消費して使う能力で、
各地に置いてある像から力を賜ることで使えるようになります。
敵を操る魔法、ワープする魔法等様々な魔法がありますが…
中でも有用なのがブロックを設置する魔法。
ただシンプルに狙った場所にブロックを出現させる魔法なんですが
これが非常に便利で、使用するアーティファクトは1個と低コスト、
足場にするも良し、盾を作るも良し、ショゴスを封じ込めるも良し…
と凄まじく万能な能力となっています。
ブロックを破壊する銃弾を撃てる装備品と合わせれば
ゲームを間違えたんじゃないかと思う程の無双状態に。
そして店で使えば素手でもノーリスクで強盗ができる。
正直コレ以外要らないってくらい優秀なので、オススメです。
…因みにショゴスを呼び出す魔法もあります。地獄絵図にしたい時にでも。

尚、ダンジョンはメインとなる3つの本+αとなっていますが、
他にもアップデートで無料追加された
「Mountain of Madness」と「Asylum」、そして「Pumpkin」があります。

MoMは高難易度の大型ダンジョンで、最下層にある鍵を取って帰って
飛行機で脱出するのが目標です。
強力な敵・陰湿な罠が仕掛けられた長いダンジョンを
往復しないといけないので、かなりの高難易度です。
(しかも鍵を取った後はある理由により難易度が増加します…)
後、後半から出てくる青く光るきのこはトラップですので、
踏まないようにしてください。初見の時殺されかけました。

Asylumはちょっとしたミニゲームになっていて、
制限時間3分以内に魂を出来る限り集めて次の階層へ行くのが
目標となっています。スコアリングが目標のワールドですね。
入ると全てのステータスと装備がリセットされるのでご注意を。
出て来る敵は少ないのですが、上に上がらなければいけないのと、
あの害悪生きた石像がいるので一筋縄ではいきません。
ただ進むだけならタイムはそこそこ余裕があるのですが、
魂を集めるのはかなりキツイです。慣れた人向きのコンテンツかと。

Pumpkinはハロウィンアップデートで追加された
ボーナスステージで、一部の特殊な装備品を除く
全てのアイテムが出てきます。しかも、配置数も無茶苦茶多いです。
おまけにHP最大値を増加させる噴水も高確率で置いてあるため、
しっかり探索すれば相当な力と装備を手に入れられるかと。
MoMに挑む際には特にこだわりが無ければここで力を蓄えてから
臨むことをオススメします。MoMは序盤から割と地獄ですから…。
ただ、タダで回収させてくれるわけではなく、敵も当然います。
殆どは雑魚(南瓜をかぶった信者)ばかりなのですが、
恐ろしいことにショゴスが普通にスポーンします。
コイツは普段特殊なロケーションにしかいないのですが、
このPumpkinの世界では普通の雑魚感覚で湧きます。
酷いと2~3体のショゴスに追いかけられる状況もあるので、
それなりに覚悟して挑みましょう。結構怖いですよアレは(遠い目)


と、ここまで書きましたが…
ここらでゲームプレイ上のアドバイスを幾つか。
本ゲーム、ローグライクゲーとしては難易度が低めなんですが、
ジャンル上、どうしてもある程度の知識が無いと割とあっさり死ねます。
なのでへたれさんがプレイする上で心がけている事を幾つか。

・アイテムを有効活用する。
当たり前のことですが、アイテムは非常に大事です。
それぞれのアイテムの性質を理解し、適切に運用しましょう。
特に重要なのが壁を破壊できるダイナマイト。
拾う気がなくても、見つけたら場所を覚えておきましょう。
特に石像のいるエリア(ニャル界、ラスダン二階)で真価を発揮します。
また、陽動は上手く行けばかなり楽に敵を葬れるので、
石ころや瓶はかなり有用なアイテムです。
(後生大事に持ち運ぶ必要は全く無いですが…)

・隠れながら進む
敵と向き合って派手にドンパチするのも良いですが、
本ゲームは厄介な敵も多く、ゴリ押しは基本有効ではないです。
(特にニャルラトホテプの世界はゴリ押しだとほぼクリア不可です)
物陰に隠れながらコソコソ進みましょう。
曲がり角ではリーンで様子を伺うことも重要です。
(リーンは物陰に身を隠したまま様子を伺うことができます)
また、走りながらしゃがむとスライディングができます。
慣れてくると敵の背後から高速で近寄って
すれ違いざまに斬りつけてそのまま物陰へ…
なんていうスタイリッシュな芸当もできる便利な技です。

・敵の死体の扱いは慎重に
敵を倒した後死体を調べると戦利品を得ることができますが、
敵の死体は戦利品を回収しない限りは消滅しません。
そして、本ゲームでは初期配置の敵が既に決まっていて、
死体になっているキャラクターはリスポーンしないので、
死体をあえて漁らないことで敵の復活を防ぐことができます。
魚人とかはガンガン漁っちゃって良いと思いますが、
厄介な敵は漁らずに放置するのも有効な戦術です。

・おいしいものは最後にとっておく
本作では3つのメインダンジョンがありますが、
一旦解放した後はどれから攻略するか完全に好みで決められます。
で、オススメなのが
ニャルラトホテプ→ルルイエ→ダゴン→ラスダンの攻略ルート。
ニャル界は運が悪いと普通に死ぬダンジョンなので、
楽なダゴン、立ち回りでどうにでもなるルルイエを
後に回すと精神的にかなり楽になります。
ただ、戦闘の難易度で言うとルルイエはトップクラスなので、
ニャル界と入れ替えるのもアリかと。ダゴンは最後がオススメです。
グッドエンドを目指す場合は最初にダゴン界に行って
コンパスを確保しておくと楽です。


・壁掘りのすゝめ
本作では出口はMoMの帰り道や、Asylum、ラストダンジョン等を除いて、
基本的には地下三階に次の階層へのハッチがあります。
そこでオススメなのが壁破壊。
ツルハシ、ダイナマイト、デストラクションアミュレット等を使って
床を掘り抜きましょう。アミュレットを使わない場合はコンパスがあると
更に捗ります。ビバ・盗掘!
但し落ちた先に罠がある場合があるので、覚悟して掘ってください。
※尚、掘った先で「あるモノ」を見つけられることもあります。
何が有るかは掘ってみてからのお楽しみ…。


以上、Eldritchの紹介でした。
FPSとしては珍しくヘッドショット前提のバランスでは無く、
普通に敵を狙って撃てるくらいの技術があれば
プレイできる作品となります。
一方で、その性質上知識量がモノを言うゲームでもあるので、
何度か死んで覚える覚悟は必要です。
(特にニャル界は慣れるまでカートン単位で死ぬかと…)
不満点としては、アイテムが少々少ないことと、
敵の攻撃が単調なこと。直線弾だけってのは流石に飽きます…。
とはいえ、セールだとかなり安く買えてしまう作品でもあるので、
お手軽に遊ぶには最適な作品です。
FPS、ローグライクどっちも好きという人は是非ご検討ください。
ではまた今度(-▽-)ノシ
スポンサーサイト

Category: ゲーム紹介記事(Win)

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-)

PageTop↑

PCゲームレビュー「ダライアスバーストクロニクルセイバーズ」

2017.05.19 Fri

どうも皆さんオハコンバンチハ。r89deltaです。
先日、生協の休憩スペースで知人のMHプレイを見ていたところ…

(・  ・  )「MHやってたの?」
(・  ・ )「ならdeltaさん一緒にG怒ジョー行きません?」
( -口-)「んー、でももう数年マルチやってないんだ…」
(・  ・ )「大丈夫大丈夫。オチても気にしないし…」

そんなこんなで迎えた久しぶりのMHマルチプレイ。実はP3以来。
結果は…

(-口-;)「あ、当たらん!俺の愛機(神鋸)が!」
(;-口-)「ちょっと待って!そのブレスやめて!」
(-口-;)「愛娘が喰われるー!」

お言葉に甘えてグギグギグ双剣ブシドーというガチ装備の癖に
龍ブレスで数回死にかけるというグダグダプレイを見事に披露した

今日このごろですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
属性耐性値が酷いのに、そのケアすらしてないのですコヤツ
因みにへたれさんがあたふたしていた一方で、
大剣の人は大技に合わせて的確なカウンターを決め
ヘビィの人は冷静に弱点を貫通で撃ち抜くという
手本のような素晴らしいプレイを披露していました。
ルアーとしては機能したと信じたい。
保険として発動させておいた猫根性…バッチリ機能したぜ!!(涙目)
あ、因みに捕獲要員として期待されておきながら見極め見忘れて
捕獲し損ねて討伐というオマケつきです。もしかして:地雷




そんなパーティ全員が胃を痛めるような緊張感溢れる死闘を制した
へたれさんがお送りする本日のレビュー。

20170518230537_1.jpg

Win用STG「ダライアスバーストクロニクルセイバーズ」を
ご紹介したいと思います。
そうだ…へたれさんはハンターではなく漁師なんだ…
…という自己暗示をかけながらお送りします。

ダライアスバーストクロニクルセイバーズは
ダライアスバーストシリーズの続編。
アナザークロニクルの家庭機移植版となります。
一人プレイ用に調整されたCSモードは勿論のこと、
ACモードまでほぼ完全な移植で収録されています。
ACモードでは、一人では一生かかっても遊びきれないであろう
クロニクルモードも健在。オンラインではAC版同様
他プレイヤーと攻略状況が同期され、大勢で戦ってる感があります。
(オプションで好きな番号のキャビネットを選ぶことができて、
そのキャビネット毎にプレイデータが保存されている感じです)
オンラインCO-OPは無いのですが、ローカルCO-OPは健在。
4人でワイワイ遊ぶも良し、ぼっち1人でじっくり攻略するも良し。
残機無限モードも使い放題なのでとっても豪勢なモードとなっています。
どうしても勝てなかった黒いデカブツにも挑み放題です。わぁい(白目)



今回のレビューで主な対象となるのはCSモード。
CSモードは前述の通り、一人プレイ用に調整されたモードとなります。
画面はACモードよりも狭く、大体半分程度。
星系数もずっと少なく、一人での攻略も現実的なレベルです。
(とはいえ、村クエ全攻略とかよりもはるかに面倒ですが…)

20170518235728_1.jpg

ゲーム中はこんな感じの星系マップを見ながら、
分岐していくツリーをどんどん攻略していくことになります。
左下に表示されているのがその星系の情報で、
ボスやエリアがここに表示されます。
偵察隊が凄く頑張っているのか情報は極めて正確で、
ほぼ相違はありません。
ただ、ボスを含めたエリア数が9以上になる場合、
それ以降の情報は表示されません。

「雑魚ばかりで無双してたらラストに超ヤバイ奴サベージルーラーがいた
という状況が普通に起こるので、長い星系は気合を入れて挑みましょう。
一方で最後にフォスルがいるというナメてるとしか思えない星系も。

星系マップを進めるためには全星系を攻略…
する必要は無く、大きい六角形の星系を攻略すれば
次の大きい六角形の星系までの道が開けるので、
その道中にある小さい星系は無視できます。
小さい星系はチャレンジコンテンツ的な扱いとなっていて、
「ボス一体だけ」の練習用星系から
「残機0+装備固定ルール+オリジンで最後は鯨」という鬼畜星系まで
多種多様な星系が揃っています。

攻略のメインとなる大きい星系にはストーリーがついていることも。

20170518230605_1.jpg

こうしたステージでは無線で会話が挟まれたり、
ゾーン突破後にパイロットの独白が挟まれたりします。

DBCS.jpg

ステージによってはプレイヤーを鼓舞する内容の無線が流れたり、
機体開発・普及の経緯が語られたりと世界観を補完する上で
かなり重要な要素となっています。
スコアとかのメタ的発言もありますが…ダライアスの世界観では
ベルサーに対する撃滅度(スコア)に対して「漁獲高」という
用語を用いているので、あながちメタ発言とも言い切れなかったり。
1人のエースパイロットとして最前線を戦い抜く感覚が味わえるのも
本作ならではの楽しみと言えます。
(レジェンド機にも乗れるのでTi2と同じく人型モジュールかも?
複数人パイロットがいて、プレイヤーが操作するのは
あくまでプラネットセイバーズというチームという可能性もありますが…)


因みに時系列としては
「ベルサーによる攻撃開始~終戦」
という、バーストのストーリー全てを戦い抜く内容となっています。
ダライアス歴で1904年6月にベルサーが襲撃、
1921年1月に最終解放作戦となっているので
約16年間に及ぶ長期戦争となっています。
中には無印バーストをプレイしていればニヤっとくる内容のストーリーも。
リーガに関してはストーリー中で何度か名前が出て来るくらいですが、
Ti2はなんとメインストーリーに関わる重要な存在になっています。
行方不明になったその後が明かされるので、
無印をプレイした人は是非、Ti2の行方を確かめてみてください。
(恐らく終盤にはもうニヤついてられる余裕は無いと思いますが…)

また、過去ルートもあり、こちらはバースト機構が無い時代なので
オリジンやセカンドといった既存の旧シルバーホークで戦うことになります。
(バーストの)ベルサーとの戦争初期へ遡っていくことになるので、
後半は当然かなりの高難易度。
自信がなければ攻略は後回しにするのが無難です。

ステージが豊富ならボスも豊富。
圧倒的ボリュームを誇ったクロニクルモードを受け継いでいるので、
原種・亜種含め相当数のボスがいます。

20161119015231_1.jpg
執拗なオリジンいじめ圧倒的防御力で猛威を奮ったヘビーグラトンズ

20161022232434_1.jpg
今作で画面サイズ縮小の恩恵を受けまくったサウザンドバレッツ

20161119014805_1.jpg
初心者にバースト機構の使い方を叩き込むバイオレントルーラー

20161119015913_1.jpg
お馴染みの強敵として要所要所に立ち塞がるグレートシング

20170320235102_1.jpg
新顔でありながらその鉄拳爪で多くの銀鷹を粉砕したロマンツインクロー

今作も強敵揃いです。
勿論ここで紹介したのはほんの一例。
もっと強いのも、びっくりするくらい弱いのもいっぱいいます。
イカ達とダンスハリセンボンについては仕様上リストラされてしまいましたが、
それでも十分な数のボスがいます。
ただ、いかんせん星系数が多いのでやや飽きてくることも…。

尚、攻略出来ない!という場合はセレクト機という要素があります。
通常、星系毎にプリセット機体として既定のシルバーホークがあるのですが
このセレクト機体を使えば好きなシルバーホークで挑めます。
しかも、パワーアップ状態も好きにいじれるという素敵な仕様。
例えば以下の星系。

20170519005003_1.jpg

このステージはバースト機構を持たないセカンドで、
青玉(回復アイテム)が出ないのに初期アーム値15、その上でラストに
本作屈指の強敵であるブルートグラトンズを配置
するという鬼畜星系。
攻撃力上昇ルールのおかげであっという間にフル強化まで行きますが、
普通にやったら狂ったような物量を前に圧殺されます。
もう上級者でも苦戦しそうな難星系ですが…
セレクト機を使えば簡単に攻略できます。
アーム29枚で相性の良いバースト機を使えばブルートさんも楽勝。
スコアは記録されませんが、クリアしたことにはなります。
それでもクリア出来なければアームを100枚積むことも…。

ただ、便利な機能だけに当然タダではなく、コストがかかります。
具体的には…。

①星系クリアでポイントを入手(クリアできなくても貰える)。
手に入るポイントはスコア÷1000。
②機体を購入する。
  バースト機は高く、非バースト機は安い。
③ポイントを各ステータスに割り振って出撃。
  この時のポイントは出撃毎に消費されるので注意!

…といった感じになっています。
機体購入費がやや重いですが、強化費は思ったより安く、
フル強化で32000ほど。しっかりスコアリングすればプラス収支にできます。
(大体6エリアの星系なら十万くらいは稼げるかと)
アームを限界突破して強化する(枚数を増やす)場合には
かなり高額の費用が要求されますが…。
限界突破しなくても29枚あるので、そうそう無くなることはないかと。
攻略用のオススメはセカンドと新規機体のムラクモでしょうか。
セカンドはフル強化時が全機中最強とも言える基本性能。
最初からフル強化状態になれるセレクト機体との相性は抜群です。
一方のムラクモは単純に機体として強力なので、かなり無茶ができます。
勿論自分の得意な機体でってのもアリです。
へたれさんはセレクト機の時は大体アサルト使ってます。
雑魚の殲滅力が優秀で、スコアリング性能も高めと中々に優秀な機体。
連続カウンターができるならボス戦でも高火力を発揮できるのも嬉しいところ。
爆発タイプのボムのお陰でアンカーミサイルに悩まなくて済むというのも
ポイント。扱いやすくも、奥の深い名機だと思います。
AC版では外伝好きなのもあって外伝機がお気に入りだったんですが…。


そんなこんなで、ダライアスバーストクロニクルセイバーズのご紹介でした。
個人的には、シリーズ全体で見てもトップクラスの遊びやすさだと思います。
単純に全体的な難易度が低い、というのもそうなんですが、
豊富な機体・ボス・シチュエーションのお陰で
飽きずに進められるというのがうれしいところ。
パターン構築の楽しみが無い、といった問題もあるのですが、
新規ユーザー獲得、ということで言えばカジュアル路線はむしろ正解かと。
一方で、普通にやってたらクリアすらおぼつかない難星系も
多く存在するので、そうした星系をメインにスコアリングを極めるのも
また楽しみの一つとも言えます。
オンラインでスコアランキングが出ますしねー。
バースト系の集大成として相応しい、
桁違いのボリュームの名作になっている、そんな印象を受けました。
(…流石に鮫しかいない星系とかはダレてきますが…)
ファンは勿論のこと、全く知識の無い新規ユーザー、
果てはSTGってナニ?って人まで幅広く楽しめるゲームだと思います。
ただ、ステージはおろかボス戦ですらめりこむ程の接近戦が主体なので、
全く経験のない人は細かく位置を調整する練習が必要かと。
貴様もシューティングの近接面に目覚めるのだ…。
心配ならキーボードやアーケードスティックよりはゲームパッド、
それもデジタル入力のものがオススメです。
へたれさん的にはオススメはコレ。

※Amazonに飛びます

BUFFALO レトロ調 USBゲームパッド 8ボタン BSGP815GY


値段がお手頃で、かつそれなりの品質があるオススメ品です。
ボタン数もSTGには多過ぎず少な過ぎずちょうど良い感じ。
(ガンデッドラインとかだとちょいとキツイですが…)
咄嗟の斜め移動がしづらいので弾幕STG向きではないですが、
ダラバーは操作タイミング>操作速度なので
その辺はあまり問題になりません。位置合わせが重要です。
ただ、へたれさんの持ってるやつは既にケーブルが死亡…。
耐久性に難があるかもしれませぬ。
(ただ、STGの他ふぃーりんぐぽみゅせかんどの5Exをプレイしまくる
という、かなり過酷な使用状況だったことは付記しておきます)



因みに、今回はPC版でのレビューとなりましたが、
PS4版とPSVITA版もあります。

※楽天市場の販売ページに飛びます。

ダライアスバースト クロニクルセイバーズ 通常版


【送料無料】 角川ゲームス DARIUSBURST CHRONICLE SAVIOURS(ダライアスバースト クロニクルセイバーズ)【PS Vitaゲームソフト】


PSVITA版は画面サイズの関係でACモードが辛そうですが…
PS4版は次世代機ということでスペック面での不安も無いと思うので、
PCスペックが不安だけどPS4orVITAは持ってる!
という方はこちらを検討してみてください。
(VITA版はどこでもダラバーができるというメリットもあります)

ただ、PC版も決して要求スペックが高い訳ではなく、
実際へたれさんのノートパソコンでも問題なく動かせてます。
「i5-6200U+内蔵グラフィックス+RAM4GB」という貧弱…
とまではいかないものの3Dゲームを遊ぶには辛いスペックですが、
解像度1366x768のフルスクリーン(1920x1080)で
普通に処理落ちも無く動かせてます。
恐らく現行のデスクトップPCなら余程のことが無い限り
快適に動作するかと。この辺りのハードルの低さはAC版譲りでしょうか。
興味があれば是非是非ご検討くださいませ。



久々のSTGレビューとなりましたが、いかがでしたでしょうか。
いやね…十数曲も遊べば大体分かる音ゲーと違って、
割と繰り返し遊ばないとレビューが書けないゲームジャンルなので
結構大変なのよね…。
しかもへたれさん自体がどうしようもないレベルでへたれなので
先に進むのにかなーりやり直す必要があるのです(汗
特に弾幕STGは苦手ジャンルと言って良い程で、
へたれさんが標準難易度でまともに遊べる弾幕STGなんて

・東方紅魔郷(廊下で立ち往生)
・デススマイルズ(オススメルート外れるのが怖い)
・きゅぴシュ~ DANGEROUS!!(思いっきり特殊ジャンル)
・怒首領蜂大復活(スマホ版特有の超高速機動&微調整)
・ダンマクアンリミテッド1~2(え、3?…これ以上聞かないで)

そのくらいです(汗
低難易度とか、コンティニュー使用可とかも含めれば
もうちょい幅が出ますが…なんにせよ厳しいです。
かといって非弾幕STGが得意かと言われるとそうでもないんですが(汗
結局のところ、R-TYPEでシューティングゲームの世界に入った人なので
比較的得意なのは馴染み深いパターン記憶シューだったりします。
そのため新しいSTGを買うとパターン構築やらなんやらで
かなり攻略に時間がかかるのです…。
そのため、STG記事を増やすのは少し大変そうですが、
なんだかんだで一番好きなゲームジャンルなので
これからも頑張って書いていきたいと思います。
ではまた今度(-▽-)ノシ

Category: ゲーム紹介記事(Win)

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-)

PageTop↑

スマホ用音ゲー「Arcaea」レビュー

2017.05.14 Sun

どうも皆さんオハコンバンチハ。r89deltaです。
昨日の水大付近は凄まじい突風で、歩くのも困難なレベルでした。
大人しく畳んどきゃ良かったのに無理して傘さしてたせいで、
お気にの折り畳み傘がオシャカになりました。
折り畳み傘のくせにかなり丈夫なので気に入ってたんですが…。
流石にあの突風には耐えられなかったようです。ぐふっ。


さて、そんなブルーな気分でお送りする本日のレビュー。
スマートフォン用音ゲーアプリ「Arcaea」をご紹介します。

IMG_0427.png


Arcaea(アーケア)はlowiroという会社が開発している、
基本無料の音ゲーアプリです。
「光」と「対立」の2つの世界がテーマで、
ゲーム中の楽曲はそのうちのどちらかに属しています。
(基本的に明るい曲は光に、ダークな曲は対立に属しています…
が、線引は結構曖昧です)


基本無料…ということで気になるのは料金体系ですが、
基本コンテンツとなる無料パック「Arcaea」があって、
そこに追加コンテンツである有料パックが付随する…
といった感じです。
因みに課金システムですが、「メモリー」という
ゲーム内通貨を購入してパックを開放する流れとなります。
…ただ、この記事を執筆している現時点で
500メモリー以外のパックは無く、500メモリー以外
購入選択肢が無いので実質あってないような要素です。
500メモリー=600円なので、1パック=600円という認識でOKです。
将来的には細かい課金要素も追加されるのかな…?
ガチャとかは無いし、料金も割と良心的なので
(Eternal Coreは8曲入り、Crimson Solaceは5曲入りです。
Crimson Solaceは後述のパートナーがセットとなります)

その点では安心です。

で、肝心のゲーム内容。

IMG_0432.png

基本的には長押しアリの4鍵です。
(見た目はまんまFXの無いSOUND VOLTEXみたいな感じです。
…というかアークノートでレーンが傾いたりする時点でかなり意識してると思います)

途中終了とかは無く、単純に曲が終わった時点で
左端のゲージが70以上ならクリアです。
これだけならありふれた音ゲーなんですが…。

このゲームの最大の特徴が「高低差があること」。
上記のノーツは「フロアノート」「ロングノート」と言って
一番下の色の濃いラインで叩くことになります…が、

IMG_0430.png

時折こんな感じで上空にノーツが出現します。
タップするものが「スカイノート」、
長押しするものが「アークノート」で、
これらのノーツが出現した場合には上のラインで叩く必要があります。
写真に写ってるのはアークノートですね。
地上ノーツは平面型、上空ノーツは立体型の形状なので、
どっちがどっちか分からない…という事態はほぼ無いのですが、
厄介なのが「上空ノーツは固定位置が無い」ということ。
上のラインで叩くとは言いましたが、これらの上空ノーツは
下のラインと上のラインの間ならどこにでも飛んできます。
一応上空ノーツには影がついていて、
その影が下のラインに重なる瞬間に叩けば良い…という
補助はあるのですが、地上ノーツもガンガン飛んでくる中で
影も見ている余裕はちょっと無いです。
しかもアークノートに関しては長押ししている間うねうね動くので、
当然それに合わせて指を移動させる必要があります。
恐ろしいのがこのアークノートと同時に
地上ノーツが出て来るパターンで、最悪の場合
左手でアークノートをなぞりながら右手一本で4つのレーンを処理
という地獄絵図が展開されます。SDVXでいう片手に近いパターンです。
流石にこのパターンでは地上ノーツの密度は低いのですが、
スマホの画面上でそれをやらねばらならないので、
左手が邪魔で右手が動けないとか右手でノーツが見えないとか
人間の限界を感じる瞬間がままあります。
(この辺はタブレット端末を使えばある程度解決できそうですが…)
また、途中で指を入れ替えるとミス判定でコンボが切れます。
指入れ替えくらいは許容してくれても良いと思うんだ…。
更に言えばこのパターン、別にレアパターンでもなんでもなくて
Lv7くらいから普通にばんばん出ます。
Lv8以上ともなれば最早日常風景。
譜面の半分以上コレってこともあります。死にそう(白目)

ただ、判定自体はかなり有情な方で、
割とズレててもコンボがつながります。
アークノート・スカイノートは横判定こそ厳しめですが、
縦判定は結構緩いです。地上ノーツに関しては
上ラインと下ラインの中間に近い位置でもとれるくらいゆるゆる。
ライフドレインは少々厳しいものの、
回復も早い方なのでそれほど問題でもないです。
スマホの音ゲーとしては割と難しい方ですが、
見た目ほどの難易度は無いのでそこはご安心を。
(へたれさんレベルのユーザーがマトモに遊べてるのが何よりの証明です)
上述の無茶振りも基本的には高難易度クラスの話で、
低~中難易度はごくごく普通の音ゲーです。
色分けやフロアノートとスカイノートの同時押しの明示、
そして何より基本的には4鍵の音ゲーなので、
意外にも遊びやすい音ゲーとなっています。
FUTUREのEssence of Twilightとかはかなーりエグい乱打がありますが…。
ただ、同じく高低差が特徴のチュウニズムと違って画面上で操作するので、
高低差の見分けがつきにくい、手が邪魔といった要素は
どうしてもつきまといますね…。


さて、ゲーム内の楽曲・譜面についてですが、
最初からすべての譜面が解放されてるわけではないです。
最低難易度であるPASTでは多くの譜面が初期解放されていますが、
その上のPRESENT、FUTUREでは殆どの譜面がロックされています。
これは無料パック、有料パック共に共通です。
で、曲の解放はどうやるかというと…
楽曲をクリアした後にこんな感じで欠片というものが貰えます。
(右下に表示されてるやつです)

IMG_0433.png

この欠片をコストとして支払うことで譜面を解放できます。
クリアすれば大体10以上入りますが、クリアできなくても一応貰えます。
評価とかで変わるらしいですが…まだPMした事ないので分かりませぬ。
初プレイの場合はボーナスがかかりますが、微々たるものです。
コストは譜面によってまちまちですが、
低難易度譜面は低く、高難易度譜面は高く、といった感じです。

また、譜面によっては追加で解放条件を要求するものもあります。

IMG_0428.png

例えばこの「GOODTEK」のFUTURE譜面の場合は
「Lost CivilizationのFUTURE譜面をグレードA以上でクリアする」
ことで解放が可能になります。この場合も欠片は必要ですが…。
クリアできれば概ねグレードAくらいはひっついてくるので、
そこは問題ないと思います。
問題はそもそもクリア自体が難しいということです(白目)
尚、ストーリーが設定されているものもあって、
譜面開放時に画面が暗転して、ストーリーが表示されます。
内容としてはやや抽象的ですが…。

因みに、上記スコア画面のキャラクターですが、
Arcaeaには現在3人のキャラクターがいて、
それぞれパートナーとして設定することができます。
「光(Hikari)」「対立(Tairitsu)」「紅(Kou)」の3人ですね。
このうち、紅に関しては課金パックの「Crimson Solace」が必要です。
パートナーとして設定してもZyonのように性能差があるわけではなく、
モード選択画面とリザルト画面でお出迎えしてくれるのと、
スコアランキングにパートナーの顔グラが載るくらいなので
但し現在スコアランキングはスコア理論値付近のゴリラだらけなので
スコアランキングに載ろうとした場合相当な努力が必要です。

好きなキャラクターを選んでOKです。
へたれさん的には光のキャラデザが好みです。

そんなこんなで、Arcaeaの紹介でした。
へたれさん的には最近遊び始めた音ゲーの中では
かなり期待している音ゲーなので、普及してほしいところ。
ただ、前述の通り仕様上辛い部分が多いので、
今後のアプデに期待したいところですね。
アプデ自体はかなり活発で、無料曲もどんどん増えてるので
その点ではかなり期待できます。開発が元気なのは良い事です。
ではまた今度(-▽-)ノシ

Category: ゲーム紹介記事(iOS)

Edit | Permanent Link | Comment(2) | Trackback(-)

PageTop↑

スマホ用音ゲー「Lanota」レビュー

2017.05.06 Sat

どうも皆さんオハコンバンチハ。r89deltaです。
湿気が凄いのかムカデが元気で見る機会が増えました。
元気ですねー可愛いですねーおい誰かバーナー持って来い。



そんなこんなで今回は「Lanota」の紹介となります。

IMG_0388.png

因みにへたれさんがこのゲームを知ったのはお気に入りのゲーム、
Tone sphereの「Hall of Mirrors」が収録されていると聞いたから。
コラボで収録…ということで無料追加パックに含まれてます。

開発はNoxy Gamesというところで、
台湾の音ゲーマーが集まってできた会社だそうです。
…因みにLanotaWikiによると全員ゴリラだそうです。恐ろしや…。

※ゴリラ:ばけもの音ゲーマーのこと。常軌を逸した譜面攻略力を持つナニカ。

iOS版の本体価格は240円也。台湾の音ゲーは相変わらず安い…。
追加パックは480円ですが、メインストーリー+コラボ曲収録のパックは
初期で無料開放されています。
現在ではメインストーリーはChapter2までしか収録されていませんが
まだまだ続くようなのでアップデートを気長に待ちませう。
現段階でも収録曲数は課金曲含め40曲以上と中々に充実しています。

さてさて、そのLanotaですが、ゲーム内容はかなり特徴的。

IMG_0394.png
(相変わらずiPhoneはスクリーンショット取るのが難しい…)

こんな感じの円盤の上で、円周上に降ってくるノーツを叩くゲームです。
ノーツはクリック(タップ)だけでなく、レール(ホールド)、
キャッチ(スライド)、フリックと一通り揃ってます。
クリック以外はわざわざ手を離さなくても取れるので、
その点はかなり有情です。判定も相当ゆるいですし…。
ただ、フリックはやや判定が遅れる気がするので早めに取ったほうが良いかも?
尚、判定は一般的な3段階判定です。
Harmony、Tune、Failの三種類で、Failでコンボが途切れます。
ただ、Harmonyの判定がかなりゆるいし、更に下の判定のTuneまであるので、
ちゃんと叩けている分にはコンボはあまり途切れません。
(高難易度譜面はその限りではないですが…)
また、基本モードであるTuneモードではゲームオーバーも無いです。
ハードモード的なPurifyモードもあって、
こちらではミスし続けると途中終了します。
減少早め+回復遅めなのでややキツいモードですが、
やりこみ的な要素で、基本的には遊ぶ必要のないモードなので、
自信がなければ無理せずにTuneモードを選びましょう。

ただ、問題なのがこの円盤状の演奏エリア。
コイツ、こっちが叩いてるのなんてお構いなし
くるくる回ったりあっちこっち移動したり消滅したり挙句瞬間移動したり

かなりやりたい放題です。

本当に酷い時は某コースターのリバース・デスやまりみーよろしく
突然上下反転させてきます。あっちはフリックの向きが変わるだけですが、
こっちはマジでノーツが瞬間移動します。あまり私を怒らせないほうがいい…。

…ただ、理不尽かと言えばそうでもないです。
前述の瞬間移動はほんとに限定的で、対応のわかりやすい場所だけです。
くるくる回るのも対応できないほどじゃなくて、
慣れてくるとむしろホールドやキャッチを
くるくる回しながらプレイするのが癖になってきます。
難易度MASTERでも無ければ高速回転なんて滅多にないので、
(逆にMASTERの15とかになると殆ど地獄絵図ってことも多々ありますが)
かなりプレイヤーに優しいゲームです。主に関節と指。
演出面でもかなり映える要素で、曲ごとに違った動きをするので、
どの曲も新鮮な感覚で遊べます。
やったことある人はVOEZとかのを想像してくれれば分かるかと…。
フリックノーツと同時にフリック方向へぶっ飛んだりするの楽しいれふ

ストーリー要素が強いのも特徴ですね。

IMG_0395.png

曲をクリアしてゲームが進むと、
絵本みたいな感じで、パラパラとストーリーが展開されます。
また、曲をクリアした時に世界観を補完するアイテムが手に入ることも。

IMG_0389.png

中々興味を引かれる内容なので、今後のアプデに期待ですね。
因みにこのノタリウムというのはシナリオ的にはキーアイテムですが
ゲーム的には達成度的な扱いです。
初めて曲・難易度をクリアした時に1~3個貰える他、
曲ごとに設定されたチャレンジ項目を達成しても貰えます。

ストーリーを進めるためにはこのノタリウムとチャレンジが
重要となっていて、ノタリウムを一定数持っていたり
特定のステージでチャレンジをクリアしないと
先へ進めないこともあります。
とはいえ、少なくとも現段階ではノタリウムの要求数は少ないですし、
チャレンジも「最低難易度かつスコア一定以上でクリア」
などの簡単なものもあるので、殆ど障害にはなりません。
一方で、中には前述のPurifyモードでクリアするものや
速度指定をしてくるものもあり、難しいものでは
MASTERレベルの難易度で9割7分のスコアを要求したりと
中々厳しいチャレンジもあります。

大体こんな感じのゲームです。

円形の演奏エリアというとiOSには「ZYON 載音」というゲームが
ありますが、あちらよりも難易度は低めです。
(…というより、あっちはたまに人類に骨格があるということを
忘れたかのような配置を出してくることもあるので、
比較対象としてはあまりにも強すぎます)

流石にLv13とかになるとかなり難しい譜面も出てきますが、
無理そうならTuneで、慣れてきたらPurifyで、
といった感じで遊び分けられるのも嬉しいところ。
個人的には今後がとても楽しみな音ゲーです。
アップデートが活発なのも好印象なので、頑張って欲しいところ。
サイドストーリーくらいは買おうかな…応援にもなるだろうし。

因みにArcaeaという音ゲーも遊んでいて
そっちも中々面白かったので機会があればまたレビューでも…。
(いよいよもってブログがシューティングから離れつつあるような。
ダンマクアンリミテッドとか良質なスマホシューもあるんですが…)


ではまた今度(-▽-)ノシ

Category: ゲーム紹介記事(iOS)

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-)

PageTop↑

あふぃりえいと

2017.05.02 Tue

皆さんどうもオハコンバンニチハ、r89deltaです。
お尻の傷がようやっと塞がりました。やったぜ。
とはいえまだふさがったばかりなので
しばらくは大人しくしてますが…。
とりあえず座椅子には座れるようになりました。
ドット打ちが捗る捗る。やっぱり座ってないとねー。


で、本題。
へたれさんもアフィリエイトなるものに手を出すことにしました。
実は先日からちょこちょこと申請作業をしていまして。
で、本日ようやっと審査が通った、ということなのです。
アフィリエイトとは言ってもGoogle AdSenseとかは
FC2だと規約に抵触する可能性があるらしいので、
もしもアフィリエイトというところ経由でAmazon、楽天と提携して、
商品の広告なんかを張っていけたらなーと思っています。

具体的には、こんな感じ。

※Amazonに飛びます。

リアルアーケードPro.V3 SA(PS3用)


因みにこの商品は以前にレビューしたものなので、
もし気になる、という場合は
こちらの記事をお読みいただければ幸いです。

因みにシステムとしては何か複雑なんですが、
リンク先の商品が売れたら報酬…といった感じではなく、
リンクを踏んだ人が期間内でなんでもいいから買ったら報酬、
といった感じらしいです。
amazonは24時間以内で、楽天は30日間以内とのこと。
…ぶっちゃけこのブログの来訪者数から言うとそれでも
報酬が出なさそうですが、とりあえず張り得なので
今後は機会があればぴしぴしと張っていきます。
(現状もののついでみたいに商品紹介してるので、
今後はちゃんと独立した記事で書きたいですね…)


そんな感じで、今後はこういう感じの広告が挟まる場合があるので
何卒ご了承をお願い致します。
ではまた今度(-▽-)ノシ

Category: 日記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-)

PageTop↑

へたれさんvsむかで

2017.05.02 Tue



ムカデの話題なので苦手な方はご注意ください。




どうも皆さんオハコンバンチハ。r89deltaです。
中々お尻の傷が塞がらない今日このごろですが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。
(一応出血量は段々減ってきてるのでそろそろ治りそうです)

そんなへたれさん、本日人生初の外敵と遭遇しました。
先程、勉強を終えてグミ食べながら遊んでいたときのこと…。

( - -) 「よし!これで機神双鋸最終強化だ!」

カサカサ
(- - )? 「ぶっちゃけサイヤ人より猛犬のが…
          何だこの音は」

カサカサ
( - -)? 「ビニールかぁ?」


罪「やぁ」

   (     )


ゴミ袋置き場に積んであった発泡スチロールより
長くて黒光りするアイツが出現

ついに出やがったか!と思いつつ飛び退いて臨戦態勢。
飛び退いた先にノートがあって転びかけたのは内緒。
ノートは無事でした。

そしてこんな事もあろうかと枕元に常備しておいた
赤のスプレー缶を発射。龍虫ムカデめ、虫ゴロリExα
アースジェット
を喰らえ。
うぉー、ぼっちハンターなめんなー
と、怒涛の勢いで攻撃すること30秒。

まったく倒れる気配なし。

一応もがいてるから効いている様子。
ならばとへたれさんの最終兵器エタノールで応戦。
高濃度のエタノールを全身に浴びたムカデさんは
30分ほど悶え苦しんだ後に死亡。なんちゅー生命力だ。

この高濃度エタノールは元々カビ退治用に買ったものですが、
カビの増殖抑制はリセッシュ除菌EXが
割と優秀だったので役割が交代。
(そこまで強烈な効果ではないんですが、
目的の場所にバーっと噴射するだけなので楽です)

今では殺虫用の最終兵器として活躍しています。
殆どどんな虫でもコイツを浴びせればフラフラと動き出し、
そして最後には動かなくなるという最強の対虫兵器。
効かなかったのなんて蜘蛛くらいです。
皆さんも是非いかがでしょうか。
ライオンの食品用1Lのやつなら濃度の割にかなり安いですし…。
ハイアルコールスプレー アルコール除菌剤 1L 業務用
ただ、高濃度だけあって調子にのって撒きすぎると
アルコール耐性次第では気分が悪くなるのでご注意を。
すぐ蒸発するので殆どの場合は大丈夫ですが…。


田舎のアパートなので覚悟はしていたんですが、
実際にムカデが家の中に出るとビビリます。
実はへたれさん、冒頭で書いた通り家の中でムカデなんて
見たことが無かったのです。
親の出身が長野で、アシダカグモとかは見たことがあるんですが、
ムカデは見たことないです。30cmくらいのが出た時は
偶然外出していたので結局会わずじまい。
なので今回が屋内のムカデとの初遭遇でした。
屋外では何度か見てるんですけどね。

ネットの情報によると今の時期はムカデの産卵期で、
母ムカデが一番活発になる時期だとか。
餌を求めて家屋に侵入するそうです。
尻の都合上家にいるときはほぼ寝込んでいたのもあって
生ゴミが結構長い間残ったままだったので、
ソレの臭いを嗅ぎつけてきたんでしょうか。
そしてきになる侵入口ですが、
位置的に多分洗濯機の排水口じゃないかなー、と。
前々から稀に羽虫が出て来ることがあったりと色々問題が
あったのですが、どうしていいか分からないので基本放置でした。
でもムカデとなると見つけてから駆除…というわけにもいかないので
本格的に塞ぐ手段を考えますかね…。
とりあえず応急処置として重曹を撒いて、
GW中に何とかするとします。

それにしても今回のMVPは間違いなく発泡スチロール。
凄まじく静かなムカデの足音をあそこまで増幅させるとは。
(お陰で一瞬心霊現象か何かかと本気でビビリましたが…)
もしムカデが怖くて仕方ない場合は発泡スチロールで
鴬張りの廊下…もとい床を作って寝るのも良いかもしれませんね。
ではまた今度(-▽-)ノシ

Category: 日記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-)

PageTop↑

 | HOME | 

検索フォーム