プロフィール

r89delta

Author:r89delta
STGを愛する生命体。
燃えから萌えまで幅広く好む雑食性で
低難度でも苦戦必至の腕前を持つ。
因みに音ゲーも好きで割とよく遊ぶ。

現在は一人暮らしをしながら大学生活のまっ只中。

アクセスカウンター

starbound再開

2016.08.23 Tue

皆さんどうもオハコンバンチハ。
昨夜起きたある出来事により若干ダークなへたれさんです。
(詳細は後述)

Starbound、製品版にアップデートされた上に
人間modが遂に製品版に対応したため遊んでみました。
(実は我慢出来なくてGlitch♂で少しフライングしたのは内緒)

んで、遊んでみた感じ、大分変わってますなぁ。
まず、メインストーリーの実装。
コレに関しては当初はオマケ程度かな、と思っていたんですが、
追加されたダンジョンの出来が良くて、特にhylotlクエの
ダンジョンの演出がカッコ良かった。ボス戦も中々熱かったし。
(ボール攻撃以外は突っ立ってるだけで回避可ですが…)

他にもNPCから依頼されるランダムクエストが追加されていて、
「鉄鉱石を4個くれ!」「近くの遺跡で仲間が捕まったから助けて!」
と、単純なモノばかりではあるんですが、報酬はちゃんと貰えるし、
運が良いと船のクルーとして志願してくれたりします。
この船のクルーも個々それぞれで性能が違うため、
好みのクルーが出てくれた時は本当に嬉しくなります。

で、個人的に一番デカいのがピクセル(通貨)入手手段の増加。
以前は敵を倒して手に入れるか、宝箱から手に入れるか、
或いは鉱石をリファイナリーでピクセルに変換する…というのが
基本の入手手段だったんですが、製品版では
お店にアイテムを売る事が可能に。遺跡とかで手に入れた武器が
結構良い値で売れるんですよコレが。冒険家プレイがよりやりやすく。
そして、出荷装置を手に入れる事で農作物を出荷することも可能に。
まだやってないのでどれくらい稼ぎが良いのかは分かりませんが、
(というか自分で食べる分しか育ててないという…)
なんにせよピクセルの入手手段が増えるのは良いことです。

勿論ピクセルは色んなことに使えるので、
当初のコンセプトである「どんな遊び方も出来る」ってのに近づいた感じ。
作物育てるの面倒くさければルート品を売って鉱石や食糧を買えるし、
逆に戦闘が苦手なら作物を育てて出荷し、
そのお金で強い武器や防具を買う…なんてことも可能に。
ただ、後者に関してはまず売ってるNPCを探す必要があるので、
やはり冒険メインというコンセプトには変化が無さそう。


んで、前述の俺をダークサイドにぶち落とした事件。
因みに予め言っておくと、ChuckleFishは悪く無いです。
多分MicroSoftも悪く無いです。ハイ。

それは俺がAvianの遺跡を探してジャングルを奔走していた時のこと。
土砂降りの雨と大量の敵によってIntel HD Graphicsが応答を停止。
固まる画面、響くダメージ音、慌てて閉じるボタンをクリック。
…が、時既に遅し。
しばしの復活画面後、
宇宙船の中で棒立ちしてる愛娘の姿が。
この時のへたれさんのプレイ難易度はSurvival。
死んだら一部の所持品を除き全て落とす難易度。
そしてStarboundの仕様、再生成すると地面に落ちてるアイテムは消える。
当然の如くロストです。

ロストしたアイテム、鉱石大量、食糧大量、建材大量、素材大量、
その他モロモロ。
やってられるかあああああああああぁぁ!!

というか何で俺はそんな貴重品を山程持ち歩いてたんだ。
一応TechCardとかのレアアイテムはちゃんと収納していたとはいえ、
コモンアイテムも数揃えるのは非常に面倒なシロモノ。
特に建材。これは意識して集めないと揃わないので凄く大変。
武器やツール、種類は落とさないのは製作者側の配慮か。
落としてたら本気で詰むところだった。

自分のミスでロストしたんならともかく、ドライバのエラーで
ロストするのは非常に萎える…。
マイクラでも度々起きてるので、何とかしたいところ。


※追記
ご飯食べた後、蔦を回収してとりあえず回復アイテムと松明、足場だけ作って
また遺跡探すかぁ、とか心のなかで呟きながら歩いてたら、
前方に何やら大量のアイテム。
UpgradeModule、チタニウム、肉、じゃがいも、石レンガ…

回収できました。

あっれー、再生成で消滅じゃなかったっけ。
なんにせよ、神(ChuckleFish)は俺を見捨てていなかった…!
こんな思いはもうしたくないので、ちゃんとアイテムしまってから冒険しますです。


えー、そんなこんなで、事件はありましたが、製品版Starbound面白いです。
あ、後、体感ですが動作が軽くなりました。
i5U+intel HD Graphics 520のビジネス向けノートでもサクサク。
流石に雨が降って敵も多いとかだとカクつきますが、
余程のことが無い限りはプレイに支障が出る程のカクつきはありません。


あ、あともう一つ。

momodora4.jpg


Momodora:月下のレクイエム買いました
Momodoraが面白かったのでつい。
(2、3は未プレイですが)
探索ACTはメトロイドシリーズと洞窟物語を好んで遊んでたくらいで
悪魔城とかキャッスルヴァニアはほぼ遊んでなかったんですが、
いやー、面白かったです。
純粋にアクションゲームとしての出来が良くて、
個人的には最近遊んだ2DACTの中ではトップクラスの面白さだった。
TitanSoulsも凄く面白かったんだけど、硬派故の敷居の高さが…。
探索も苛つかず、かといって内容が薄いわけでもないというバランス。
下手なプレイヤーには難易度Easyを始めとした潤沢な救済処置、
上手いプレイヤーにはボスのノーダメ限定ドロップなど、ご褒美を用意。
この辺りの配慮は中々出来るもんじゃないです。大体片方に偏ります。
そして演出面。ダークファンタジーな世界観、最高です。
ドット絵も丁寧で、アニメーションの違和感も全く無し。
俺もこんなドット絵が描けるようになりたいなぁ。
後は直接ゲームクリアに関係ない要素とかが結構あって、
想像が膨らむような小ネタとかも挟んでくれる辺り、「分かってる」作り。

とりあえず難易度Normalはそこまで苦戦しませんでしたが、
(あ、でも冤罪人さん強かったです。ロクゼロを思い出す激戦でした)
実績欄を見るとどうやら難易度Crazyとかいうのがあるようで…。
現在はHardを攻略中。炎使いさんから手に入れてしまった小さな香炉
(与ダメージUP+矢にのけぞり追加。紛うことなきチート兵器)
のせいで殆ど死ぬことなく無双状態ですが…。
それでも一発で2/3持ってかれたりするので非常に怖いです。
なんというか、この辺のバランスはダクソとかその辺りを彷彿とさせますな…。
セーブポイントで回復アイテムとか補充されるし。
もしかして、Crazyだと全攻撃で即死したりするんだろうか。
普通にあり得るので今からガクブルしてます。

そんなこんなで若干ダークサイドに陥りつつもなんとかやってます。
試験もあるしねぇ…。
ではまた今度(-▽-)ノシ
スポンサーサイト

Category: 日記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-)

PageTop↑

MDR-1RMK2復活

2016.08.15 Mon

皆さんオハコンバンチハ。r89deltaです。
なんというか不安定な気候が続いていますが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。


えー、唐突ですが、愛機のMDR-1RMK2が復活しました。
いやー、まさか復活するとは思っていなかった。
経緯としては

MDR-1RMK2の右側のドライバから突然音が出なくなった

型番で検索→生産終了&パーツも既に置いてない

ソニーへ問い合わせ→見てみないと分からない

近くのソニー提携店検索→全部割と遠い!

修理が出来ず、点検料だけとられて終わることを懸念し、
ソニーへの持ち込み修理を断念

テスターと各種工具を用いての自力修理を検討

ハウジングを分解した辺りで父親参戦

父が見事修理

という流れ。ソニーに持ち込む、というのは何度も考えたのですが、
パーツの販売が終了しているため、1A買ってネ、と言われる可能性が
高そうだったので、自力修理の方向で。
保証期間はとっくに過ぎてる(…というか保証あったっけコレ)ため、
新品に交換してくれるって可能性も無し。
でも今思えば、とりあえず持ち込んでみた方が良かったのかも。

…で、原因に関して。
壊れた当初は右側だけ聞こえなくなっていたので、右側の半田不良か、
ヘッドバンド内部での断線かなー、と予想していたんですが、
(実はこの手のモノには詳しくないので素人予想なんですが)
実際は左側ハウジングとヘッドバンドのジョイント部分の
ケーブルが断線していました。そりゃ右側から音出ないわなぁ。
1RMK2はスイーベル機構を搭載しているヘッドホンで、このジョイント部分は
大体90°ほど回転します。で、度々の回転で断線した、と。

それで、分解してみたところ、ヘッドホン内部を通ってる線は
かなり細いことが判明。直径1mmあるかないかってくらい。
(因みに、アームの内側を通っているため、分解しなくてもコードを見ることは可能です)
ヘッドホンの構造にはあまり詳しくないので偉そうな事は言えないんですが、
とりあえずデリケートな構造になってるのは確かな様子。

で、その作業風景を見ていた父が助力を宣言。
色々やった結果、とりあえずケーブルを交換しようという話になったんですが、
このケーブルの調達が意外と大変だった。
直径1mm程度の2芯被膜コードなんてそうそうあるはずもなく、
(一応オヤイデが取り扱っている様子)
最終的に父のオシャカになったイヤホンのケーブルを流用することに。

で、そんなこんなで父がハンダ付けまでやってくれて、
無事に右側も聞こえるようになりました。いやー、父は偉大だ。
とりあえず半田ごてはあった方が良いとアドバイスをもらったので、
山口に帰ったらそのうち購入することにします。

これでATH-IM50は再びサブ機となり、1RMK2がメイン機に。
(因みにIM50は五千円程度の比較的安価ながら、
大変性能の良いイヤホンなのでオススメ。
ただ、独特の形状のため、耳に合わないと地獄を見ますぞ…)

先日、X1にもTUTAYAのお陰でボカロ曲を大量に導入出来たし、
またしばらく楽しめそうです。
ではまた今度(-▽-)ノシ

Category: 未分類

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-)

PageTop↑

ゲーム購入 in Steam

2016.08.05 Fri

皆さんオハコンバンチハ。r89deltaです。
最近ますます暑くなってきておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
へたれさんはFC2ブログの編集画面にあるツールバーが
PgUp、PgDownキーの誤爆により時々フェードアウトするという
恐ろしい事態に悩まされております。
それもこれも十字キーの左右にPgキーが配置されているせい。
マウス主体なら便利かもしれないが、俺は十字キーをアホみたいに連打する人なんだ!
それにDanmakuUnlimited2とかだとポーズかかっちゃうから、
出来れば無効化したいなーと思う今日このごろ。
一応そういうソフトはあるし、キーの配置換えまで出来るみたいなので、
別の便利なキーに差し替えるのはアリかもしれない。


FC2が「投稿ページを新調した」と言って俺にオススメしてくるんですが、
そっちなら専用画面になるので、誤爆はほぼありませぬ。
(強いて言えば時々画面が上下にガクンガクンするくらい)
ただ、前ブログはseesaaで書いてたので、
あの編集スタイルにはイマイチ馴染めないのです。
ただ、見た目的にシンプルになっているので、「もっと記事を書きやすく」
って売り文句には偽りは無さそう。
旧スタイルに慣れてる人は使いづらいと思うけど、
これからブログ始めるって人には中々使いやすいんじゃないかな。
後は文字の書式変更が維持されるタイプなので、
一発で予め指定した書式に戻せるショートカットがあると便利かも。



さて、本題。
最近、またSteamのゲームを幾つか買いました。
買ったのは以下の四点

・Downwell
・虫姫さま
・Astebreed
・Titan Souls


DOWNWELL.jpg

Downwellは下にひたすら降りていくACTで、
下に弾を撃つと反動で飛べるガンブーツを駆使して進んでいくゲーム。
地形はランダム生成で、多種多様なアイテムがあり、
そして死んだら最初からと、ローグライク的要素も持っています。
爽快感があって面白いのですが、いかんせん難易度が高い…!
ただ、ローグライクは腕前よりも知識が要求される事が多いので
慣れればきっと簡単に思えるはず。
ワンプレイが短いので、リトライが苦にならないのも◎。


虫姫さま

虫姫さまは言わずと知れたケイブの弾幕STG。
(怒首領蜂とか作ってるとこです)
Steam版ではOriginalに加え、Novice、Arrangeを収録。
元々そこまでプレイヤーをガチで殺そうとしているゲームではないので
※Ultraモードはガチで殺しに来ます
Noviceは本当にNoviceです。どれくらいNoviceかって、
弾幕STG苦手なへたれさんが一発でノーコンクリアできちゃうくらい。
かといってCrimzonCloverのNovice程1UP祭りではないため、
程よい緊張感があります。
(因みにCrimzonCloverも超オススメの弾幕STGです。Novice以外は基本的に地獄ですが
Originalでも無理ゲーというほど弾が飛んで来ることはないので
(Maniacモードだと劇的に弾が増えますが、速度はそこまで速くはないです)
ステップアップに丁度いいゲーム。
また、虫姫さまファンにはV1.5やサントラを追加DLCとして販売しています。
パックで買うと通常版単品だけ買うより少し高いくらいの価格で買えるので
ガッツリやり込むぞって人や虫姫さまプレイ経験のある人なら
こっちを買っちゃって良いんじゃないかな、と。
因みにへたれさんは弾幕STG苦手という理由により購入を見送りました。
単品でも相当なボリュームですしねコレ。


Astebreed.jpg

Astebreedもシューティングです。大分コンセプトは違いますが。
ゲーム内容を一言で言い表すなら、「暴れゲー」
無茶苦茶強い自機で敵をバッタバッタと切り倒す、爽快感溢れるゲーム。
その分、弾が見づらかったりゲームバランスがぐちゃぐちゃだったり、
ゲームとしては大分大味ですが…。個人的には超カッコいい演出に惚れたので満足。
(自分の中での立ち位置としてThunderForceⅤ的な。
アレはスコアアタックがかなり熱いけども)

因みに、アニメちっくな演出も随時挟まる…
というか登場人物ほぼしゃべりっぱなしですが
なんとこちら、フルボイスとなっております。超豪華。
グラフィック面も合わせて、とにかく演出に凝ったゲームという感じでした。


Titan Souls

うって変わってTitan Soulsは超硬派なアクションゲーム。
SSのコレ、UI切ってるんでもなんでもなく、実際のボス戦画面です。
それもそのはず。このゲーム、自分もボスも一発で即死します。
更に主人公の武器は弓ですが、持っている矢は一本のみ。
外した場合、回収しなければ次の矢は射てません。
(矢を手元に引き寄せたりは出来ますが)
なのでライフゲージやら残弾数やらは要らないのです。
しかも、ボスの弱点を攻撃できるのはほんの一瞬。
その一瞬に全てを賭けるのです。
もっと言うとボス以外の敵は出ず、ただひたすらボスを探して歩いては
ボスと戦い続けるゲームです。
そのため見た目にはかなり地味なゲームですが、
実際プレイしてみると凄まじく楽しいです。ボスとの駆け引きが熱すぎる。
音楽やグラフィックも素晴らしく、是非邪魔なものの一切無い
フルスクリーンモード+ヘッドホン着用でプレイしてほしいタイトルです。
因みにへたれさんのクリアタイムは初見が確か2時間くらい。
(最小限のボスだけ倒してクリア)
全ボス撃破Normalが1時間56分、
Hardが1時間6分でした。HardはTitan全部倒さずにクリアしたので、
Normalよりも早くなりました。
(でも死にまくったんだよなぁ)
尚、注意点として、ゲームパッドが無いとかなり辛いです。
必ずPS4かXbox360用のコントローラーを用意して下さい。

(一応、X360ceを使ってXinput1_3.dllをXinput1_4.dllに変更してやれば
それ以外のゲームパッドでも動くとのこと。
因みにへたれさんはPS3用のHORIコンminiでプレイしました)



…と、そんな感じでライブラリが充実しました。
(実はHacker's beatも買ったんだけど、環境のせいか不具合まみれで
強制終了したりフリーズしたり大変だったので返品しちゃいました。
インディーズゲーの返品はなるべく避けたいところですが…)

ではまた今度(-▽-)ノシ

Category: ゲームの感想

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-)

PageTop↑

 | HOME | 

検索フォーム