プロフィール

r89delta

Author:r89delta
STGを愛する生命体。
燃えから萌えまで幅広く好む雑食性で
低難度でも苦戦必至の腕前を持つ。
因みに音ゲーも好きで割とよく遊ぶ。

現在は一人暮らしをしながら大学生活のまっ只中。

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)

PageTop↑

東方メインシリーズNormal攻略完了

2018.05.17 Thu

どうも皆さんオハコンバンチハ。r89deltaです。
最近暑くなってきてもう既に扇風機のお世話になってる今日このごろですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
(扇風機と言ってもサーキュレーターですが…机の下から吹き上げるように配置するのがマイブームです)


それはそうと、本題。

この度、遂に紅魔郷~天空璋の、旧作を除く東方全メインシリーズのNormalノーコンを達成しました。
STG作品としてはまだスピンオフ(?)の攻略が残ってますが、とりあえずこれで一段落といったところ。
もっとも攻略したのは前述の通りNormalですしExtraも天空璋以外未攻略で、クリアラーとしてもスコアラーとしてもまだまだ半人前なんですが…
勿論継続して遊んでいく予定ですし、Extraも攻略予定です。まずは紅魔郷、永夜抄、風神録のどれかかなぁ。


因みに作品ごとの所感は以下の通りです。
未プレイの方の作品選びの参考になれば…と思いますが、大したことは書いてないので役に立たないかも。
一応初心者の方にオススメの作品は緑色に色分けしてます。逆に初めての作品にチョイスすると後悔しそうなモノは赤で色分け。


・東方紅魔郷
旧作との分かれ目。迷惑なご近所さんを注意しにいくお話。
システム的には最もシンプルだが、まだ弾幕STGがそれほど普及していなかった時代なためか当たり判定の表示がなかったり不便な点も目立つ。
とはいえゲームとして破綻してるわけではなく、むしろバランスは良好なので初めての作品がコレでも全く問題ない。

東方妖々夢
細かい部分の改良でグッと遊びやすくなっている。
目玉システムは桜点で、コレを貯めることで発動する森羅結界はとても便利。
残機もよく増えるので全体的には楽だが、5面ボス以降は普通に強い。慣れない内はボーナス無視でボムりまくるのが吉。
因みにBGMは人気曲が目白押し。アレンジ系から入った人はこの作品から始めるのがオススメ。

・東方永夜抄
キャラチェンジシステムである操術を筆頭にラストスペルに刻符、妖率等々特殊システムだらけ。
覚えるまで大変だがそれだけ奥も深い。勿論クリアだけならそこまで意識しなくてもどうにかなる。
難易度は妖率の制御が忙しかったりとシリーズ平均よりやや高めな印象だが、バランス自体は良好。
尚、こちらも人気曲が多いのでアレンジ系が好きなら妖々夢とセットでどうぞ。

・東方花映塚
シリーズどころかSTG全体でも珍しい対戦型…といってもアイテムの奪い合いとかではなく、ガチな対戦で2Pプレイも搭載。
内容としては弾を避けつつ相手にお邪魔要素を送り込むという、対戦パズルとSTGを1:2で混ぜたような感じ。
HP制で最後に立っていた方が勝ち。ボムもゲージ式でますます対戦ゲームっぽい。
直接殴り合うわけではないので相手を意識しなくても勝てるが、やっぱり効果的に妨害した方が削りやすいのは確か。
ただ、当然パターン構築要素が薄いので好みは分かれるかも。その辺りを割り切れるなら1人でも十分楽しめる。

東方風神録
おそらく現行スタイルの礎。ここからパワーアップはオプションの増加がメインになる。
目玉システムはボム代わりの霊撃。パワーレベルを消費してボム相当の攻撃を撃てる。
紅魔郷並にシンプルな構成で、スコアシステムもよくあるコンボ式なので理解しやすい。
難易度が低い上に操作性も向上していたりと遊びやすい調整が目立つので、この作品から始めるのもオススメ。エクステンドがスコア式なのも分かりやすくて良い。

東方地霊殿
洞窟大作戦。
引き続き霊撃搭載だが、今度は装備毎に変わる。但し風神録と違いパワーレベルが上がりにくいことに注意。
目玉システムは交信強度。高い程点アイテムのスコアが上がり、最大でアイテムを自動回収出来る。画面上部に行くことで瞬時に最大となるので動き自体はほぼ変わらないが、グレイズを取り続けることでも少しずつ上昇させられるため、カスリの重要性が高い。
難易度の方は割と容赦がなく、5面までは大体1面分難易度が上だと考えても良いレベル。
残機も増えづらいので厳しい戦いになる。一応パターン化はしやすいのできっちりパターン構築して進めたい。
因みにこの辺り、特に本作の6面ボスから特殊弾を使用したユニークな弾幕が増える。現代的なスタイルを意識しているのだとか。

・東方星蓮船
未確認飛行物体っぽい何かを撃ち落とすゲーム。
霊撃は廃止されてボムストック式に戻った。個人的にはこっちの方が落ち着く感じ。
目玉システムはUFOシステムで、UFOアイテムの色を3つ揃えると色ごとに個別のボーナス要素を抱えたUFOが出現する。慣れるまでは非常にややこしいが、慣れればその時欲しいアイテムを狙って得られるようになる。
難易度の方は全体的に高め。慣れるまでは前述のUFOシステムでうまいこと残機を補充したいところ。

東方神霊廟
ここからマニュアルがゲーム内マニュアルになる。
また、この作品から紺珠伝までは低速時と高速時で武器が変わる。便利だったり使いづらかったり様々。
目玉システムは霊界トランスと小神霊。
霊界トランスは所謂ハイパー系のシステムで、無敵&火力強化&小神霊の効果が上昇、と色々強力。しかも死亡時にもきっちり発動する安心設計。
霊界トランスに必要な霊界ゲージは小神霊をとると増えるので、小神霊の回収が攻略の肝。
普通に遊んでると地霊殿並みに残機が増えないが、少なくともNormalの難易度は最低クラスなのでなんとかなる。

・東方輝針城
プレイヤーキャラは妖々夢と同じメンバーだが、妖器を使うか使わないかで低速ショットとボムが変わる。全体的な傾向としては、使う場合は癖があるが強力な装備、使わない場合は無難な傾向の装備になる。
目玉システムは同時取得ボーナス。アイテムを一度に沢山取得するとボーナス点が付いて、オマケでスペルカードの欠片や命の欠片も貰える。
特殊なスペルが多い上に弾幕の密度も全体的に濃く難易度は割と高いが、残機もボムもモリモリ増えるので体感的にはそこまで難しくない。

東方紺珠伝
残機無限の死に戻り形式で、シリーズでも異色の作品。
難易度はシリーズトップクラスで、やり直しを前提とした実験的で無茶な弾幕もチラホラ。
慣れてくると手軽に遊べて良いのだが、慣れないうちは1場面突破するのに十数分かかることも…。
安定するまでは一気にクリアしようとせず、ちょこちょこ起動して進めるのがオススメ。
因みに従来システムのモードも搭載。当然難しいがゴリ押しが効く利点アリ。

東方天空璋
本稿執筆時点での最新作で、これだけSteamでも売ってるので入手しやすい。
目玉システムは季節解放。バシバシ使える上に弾消しとスコアリングを兼ねている強力なシステム。
今作では久しぶりにエクステンドがスコア式に戻ったので、再びスコアリングが攻略上でも重要な要素になった。個人的にはやっぱりこっちの方が落ち着く。
全体的に難易度は控えめで、エクステンドもしやすく残機がモリモリ増える。特にExtraはNormalクリア後を意識した難易度で攻略しやすい。
こだわりが無ければ初めて遊ぶ作品として非常にオススメ。


こんなところでしょうか。好き勝手書いてますが、天空璋以外NormalノーコンしかしてないのでNormal準拠の評価です。真面目にやり込んでる人に助走をつけて殴られるレベル。
とはいえどの作品もSTGとして面白いですし、STGが苦手な人への配慮もきっちりある、安心して遊べるシリーズだと思います。

因みに腕前の方は、攻略開始当初と比べると割と上がった気がします。紅魔郷とか風神録とかを攻略してた辺りは正直なところ弾幕系は苦手ジャンルと言っていい程だったんですが、地霊殿クリアした辺りから割と弾幕に抵抗が無くなってきました。
最近では怒首領蜂大復活Normalの緑ストスタ一周ノーコンも達成してたりします。
(まぁ、アレも相当に初心者向けですけどね…大復活の本番は2周目からです(汗 )
前は弾幕見るだけでフリーズしてたりしたのが、最近では当たり判定ギリギリを攻めてもビビらなくなってきたので、やっぱりいい経験になったのかなー、と。
後はExtraをどう攻略するかですね。きっちりパターン構築するのは勿論なんですが、虫姫さまのアレンジモードとかで気合避けの練習をするのもアリかも。
なんにせよまだまだ遊べそうです。そのうち新作も出るでしょうし…。

そんなこんなで今回はこの辺りで。
ではまた今度(-▽-)ノシ
スポンサーサイト

Category: 日記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-)

PageTop↑

モバイルルーターを変えました。

2018.05.12 Sat

どうも皆さんオハコンバンチハ。お久しぶりのr89deltaです。
Twitterの方はちょこちょこ呟いてるんですが逆にこっちで書くネタが…。
Terraria日記の方もちょいちょい進めてるんですが画像のアップロードがネックでこちらも中々更新できず。
そんなこんなでグダグダですが、ナニトゾヨロシクオネガイシマス。


で、タイトルの件。
契約期間が満了したので、モバイルルーターを思い切って変えてみました。
と言っても以前使ってたのは親から引き継いだY!mobileの305ZTで、筆者が契約してたわけじゃないんですけどね。
今回の変更先も契約者は親です。今回は契約期間が無いタイプなので順調に就職出来たらそのまま引き継ぐ予定。

何でモバイルルーターを変えるという話になったかというと、ちょいちょいこのブログでも触れていますが、305ZT…というかY!mobileはなんというか、その、ちょっとサービスがアレで…。
筆者は例の炎上騒動には巻き込まれてない…というか一通り燃え上がってから引き継いだので割と関係ないんですが、それ抜きにしても中々に難儀なシロモノでして。
月7GBというのは今や標準だから良いとして、バースト機能も無ければ低速通信モードも無い、オマケ機能も一切ナシと本気でWi-Fiルーターとして最低限の機能しか整ってないのです。
裏を返せば癖がなくて安定ってことではあるんですが、通信速度の方もお世辞にも安定しているとは言えず…。
高速通信容量が残っていても夜間は基本的に100KB/s台、酷いと10KB/s台がデフォでした。
オマケに低速通信に入ろうもんなら容赦なく128kbpsです。今どき低速でも200kbpsが標準、モノによっては300~500kbpsも出る時代だというのに。
(そういえばkbpsのbってbyteじゃなくてbitだったんですね…こないだ初めて知りました)

そんなもんに月3500円ってのは、実際払うのは親でもなんかこう、モヤモヤしたので変更と相成った次第。


で、契約期間が無いということで多分詳しい方はピンと来たと思うのですが、今回の変更先は所謂格安Simです。
Y!mobileの新しいプランに変更とかも考えたんですが、流石にちょっとそういう気分にはなれず。
色々詳しい人はWiMAXはどうか、とも思ったと思うのですが、残念なことに筆者の住んでいる場所が綺麗にエリア外でして…。
実際に試用したんですが、ちょっと歩くだけで電波が良くなるのに自宅周辺だけ繋がらなかったのです。
プラン見てる限りだと大分魅力的なんですけどね。口惜しや。

そんなこんなで色々検討した結果、格安Simが良かろーという話になりまして。


Huawei SIMフリーモバイルwi-fiルーター E5577S ホワイト E5577S-324


早速コイツを調達して305ZTは帰省ついでに親元へ置いてきた次第。ちゃんと解約できたかなぁ。
1万円弱のルーターですが、対応バンドが広くて汎用性が高いのが魅力。
電池の持ちもかなり良く、フル充電なら一日持ちます。この辺りはディスプレイの省エネもあるのかも。
(305ZTはグラフィカルな分かりやすい表示だったんですが、E5577Sはいかにもデジタルな感じの表示です。タッチパネルでもなく使いづらいので、制御は完全にスマホ頼み)

で、肝心のSimに関しては色々悩んだ結果OCN モバイル ONEの10GB/月プランにすることに。ドコモ系のMVNOですね。


OCN モバイル ONE データ通信専用SIMカード 月額972円(税込)~(マイクロSIM)


決めるにあたって色々悩んだんですが、いくら自宅Wi-Fiが無いとはいえ、無制限系はいつ通信制限がかかるか分からないのが怖いので断念。
IIJmioやDMMなんかも通信品質に定評があってかなり悩んだんですが、低速モードの通信制限が一切存在しないらしいのでOCNに。
前者2つは3日間で366MB使うと制限対象になるらしいです…低速モードでそんなに使うのは相当なレアケースですが…
OCNの場合は低速モードがかなり優秀で、標準的なバースト機能に加えて通信量による制限が無いらしいです。
個人的には通信制限に怯えるのは気分的によろしくないので、使い放題の低速モードが充実してるのは有り難い限り。
因みにバースト機能の使用感ですが、軽い画像数枚くらいのページなら数秒で表示。
テキストメインのページなら殆ど待ち時間ナシで表示してくれます。
実際今このブログも低速モードを使って更新してるんですが、上記アフィリエイトリンクの取得も含めてそこまで待ち時間はありませんでした。ブログの管理ページだけなら普段と殆ど変わらないかも。
高速通信容量を使いたい時はスマホからアプリを起動してワンタッチで変更可能。
ガジェットを追加すればアプリ起動の必要すら無いのでかなり便利です。
肝心の高速通信は評判通りかなり遅いんですが…それでも305ZTの時よりはずっと快適なので現状は問題なし。
回線自体は10GBで契約したんですが、コレは使わなかった分を次の月限定で引き継げるらしいのでその点も安心。
筆者の場合は初月である今月を低速通信を積極的に活用して過ごして、来月から引き継ぎ分の高速通信をバリバリ使う予定です。
これならもし事故でゴリッと通信容量が削られる事態になっても保険の10GBがあるから問題ない…はず。
足りなかったとしても20GBプランに変更することもできるので、その場合はまた親に相談すればOK。

まだ10日くらいしか使ってないのでなんとも言えませんが、かなり使い勝手の良いSimという感じです。
通信速度の遅さは割と致命的なレベルなので、通信速度重視の場合はIIJmioとかの方が良さそうですが…。
因みに月額の方は10GB/月のコースで2300円/月です。格安Simらしくデータ専用なら契約期間とかも特にナシ。気に入らなかったら移行できるってのは安心感があって○。

そんなこんなで、現状はかなり満足してます。もうモバイルルーターの画面とにらめっこしながら通信しなくて良いってだけで心に余裕が。
勿論自宅にWi-Fiがあったらなぁ、とも思うんですが、それはまたちゃんと卒業して就職してからということで。

ではまた今度(-▽-)ノシ

Category: 日記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-)

PageTop↑

神霊廟・天空璋Normalクリア

2018.04.08 Sun

どうも皆さんオハコンバンチハ。r89deltaです。
明日からいよいよ大学再開、しかも大学生で多分一番忙しい3年生ということで不安でしょうがない今日このごろですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

それはさておき、神霊廟と天空璋のNormalのノーコンクリア、完了しましたー。
地霊殿クリアして2日くらい休肝日…というか休弾日を設けて攻略開始したんですが…
(R-TYPEからSTG界に入った関係で本来弾幕STGは苦手ジャンルなので、連続プレイはキツイものがあります)


神霊廟の方は溜め撃ちができると書いてあったので妖夢を選択してプレイ。
チャージ時間稼がないといけないから後半から辛くなるかなーとか考えてたんですが、そんなことはなくて普通にチャージ時間が短い割に広範囲・高火力のイカれた性能でした。
使用感覚としては射程が短い代わりに通常チャージで撃てるメガ波動砲ですね…ぶっちゃけバケモンです。
基本的に敵が編隊で飛んでくる東方のゲームスタイルに、広範囲貫通の溜め攻撃は相性抜群。
Hard以上だとどうなるか分かりませんが、少なくともNormalだとバランスブレイカー級の性能です。
ボス戦に関しても基本的に接近戦を強いられるものの4面の青蛾とかにはかなり相性が良いので悪くはない印象。

神霊廟 Last

そんなこんなで3回目のプレイでラスボスの神子さんに到達。
終盤のスペルカードがややキツかったものの、温存してきた残機とボムでゴリ押し。
エクステンド回数は少ないんですが、全体的に弾幕が軽めだったのもあって全体的にはサクサク進行。
難所も霊界トランスのお陰で何も考えなくても突破できるので、クリアは容易でした。
ただ、前述の通りミスできる回数が少ないのでHardは結構キツそうです。
トランスでボム回数を水増し出来るように頑張る必要がありそうですね…。


天空璋の方は広範囲攻撃のチルノか正面火力の魔理沙で悩んだ結果、移動速度の速い魔理沙で行くことに。
(チルノも少し触った感じでは接近戦しやすくて悪くなかったんですが、移動速度の遅さがネック)
偵察時は春装備だったので最初は春装備でプレイしてたんですが、後半でのスコアリングが辛かったので冬装備に変更。
冬装備は発動すると一定時間その場に留まって弾消し&弾を季節アイテムに変換してくれるDELTAZEALのBH弾のような性能なんですが、ボスにめりこませることで相当量の季節アイテムを得られます。
(特に1面ボスのラルバとの相性は最高で、上手くめりこませると2万点近く底上げ可能)
決めボムに特化したスタイルのお陰であまり考えなくても序盤2面で点アイテムの点数が50000を超えるのでエクステンドが容易。
オプションとしてもサブ季節装備の中ではトップクラスの火力なので頼りになる性能ですし、季節解放中は攻撃力UPという強力なオマケつき。
そんな感じでバシバシエクステンドした結果4面で8機になったので後はボムと季節解放でゴリ押し。

天空璋 Last

ラスボスのなんか凄そうな人もボムゴリでボコボコに…。
演出とBGMが素晴らしいラスボス戦だったんですが、プレイ中の筆者はそんなのお構いなしにボム祭り。
一応秋弾幕まではまともに避けてたんですけどね…春以降は全スペルをボムりました。チキンここに極まれり。

そんな感じでようやく積んでた東方シリーズを全て消化できました。
後は花映塚、輝針城とスピンオフが残ってますが、こちらはまだ仕入れてないので追々。
とりあえず今後は今までクリアした作品のスコアリングや別キャラを楽しみつつ、ExとHardの攻略ですかねー。
(実を言うと非想天則とかも仕入れてるんですが、格ゲーなのでこちらは別枠ということで…)
Hardは風神録ですら軽く叩きのめされたので、厳しい戦いになりそうです(汗

因みに実力の方は依然としてサッパリです。地霊殿で少し上がったかなぁ、というくらいで。
一応チキン度が上がったことでチキンボム発動率上昇、それに伴って抱え落ちが大分減りましたが…。
とりあえずCrimzonCloverのACオリジナルを攻略できるレベルには実力をつけたいところですね。目指せへたれシューター脱却。
ではまた今度(-▽-)ノシ

Category: 日記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-)

PageTop↑

地霊殿Normalクリア

2018.04.05 Thu

どうも皆さんオハコンバンチハ。r89deltaです。
最近暖かくなったり湿気ってたり、良くも悪くも春が来たなーという感じですが、いかがお過ごしでしょうか。
因みに筆者は春は苦手です。大体花粉のせい。
それはともかく…


ようやく地霊殿Normalクリアできましたー!

長かった…長い戦いだった…。
今までプレイした東方シリーズで一番攻略に時間がかかりましたよええ。
いつ始めたかは覚えてないんですが、少なくとも去年の暮れには既に攻略開始してたはず。
因みに一番短かったのは風神録。へたれシューターでも一晩でノーコンまで持っていけるお手軽難易度です。
尚、攻略に際してはパチェOPを使用。R-TYPEよろしく場面に合わせて切り替えが出来る素敵な装備です。
霊撃が近距離特化で使いづらいのが難点ですが、決めボム前提なら凄まじい火力で圧倒できるのでヌルシューターにはもってこい。
アリスOPとにとりOPも検討したんですが、前者は扱いが難しくて却下、後者は攻撃範囲が狭すぎて却下…ということで現在に至ります。
アリスOPはともかく、にとりOPの霊撃は抱え落ち防止という点では中々優秀なんですけどね。


ここまでかかった理由は大体5面のお燐のせいなんですが、予想外だったのがラスボス。

20180404231658_1.jpg

サイバーデーm…空さんですね。こちらの通称は”おくう”らしいです。
お燐がラスボスクラスの戦闘力だった時点で警戒してたんですが、コイツも相当な曲者でした。
スペル間弾幕、スペルカード共に割と避けやすくて怖いのは操作ミスでの事故死と霊撃ケチった時の抱え落ちくらい…という感じで、パット見は少なくとも猫より弱い印象。
(火球の威圧感は物凄いんですが、怒首領蜂のナパームと比べると遥かに有情です。こっちはボムで消えるし…)
そんな感じだから油断してたんですが、本当に恐ろしいのはラストの「地獄の人工太陽」。
よくある吸引タイプの弾幕なんですが、画面外から赤弾がガンガン飛んでくる中、中心からも小弾ばら撒き、しかもあろうことかHPが減ってくると大量に撒き始めます。
ぶっちゃけ吸引+赤弾だけでも事故死の温床なのにそこに小弾が加わることで、吸引+二方向からの挟み撃ちという鬼畜弾幕と化します。
一応小弾は完全に不規則に飛んでくるわけではなく、層状に飛んでくるのが救いですが…。
この場合とにかく厄介になるのが赤弾で、正面から迫る小弾と背後から飛んでくる赤弾を両方警戒する必要があります。
正面で粘るにしても時々すり抜けがほぼ不可能な塊が飛んでくるので横に逃げる必要アリ。勿論吸引も勘定に入れながら操作しないといけないので横にズレるだけでも一苦労です。
というかHPが減るにつれて段々吸い込みが加速してたような…
今回は6機持ち込み+エクステンドで1機というSTGにあるまじき物量作戦で挑んだんですが、この人工太陽だけで4機もってかれました。
他スペルで事故りまくったせいで最終的に残機0になっちゃったので、クリアした瞬間は心臓バクバク。どうも息まで止めてたらしく軽く酸欠手前の状態に。DBACで初めて捕鯨に成功した時以来ですよこんなの。
(あの時も外伝機・残機0・アーム0と相当な状況でしたが…今では良い思い出です(白目 )
因みに、ミュージックルームの説明によると”ラスボスとしては相当軽い妖怪”だそうで…。いやァ、へたれシューターを圧殺するには十分過ぎる戦闘力でしたよコイツ。

何はともあれこれで地霊殿はひとまずクリアということで。
Exは見なかったことにします(汗 Exやるならまずはフランあたりからかなぁ。
これでようやく神霊廟と天空璋に手を付けられそうです。まずは神霊廟かなぁ。
ではまた今度(-▽-)ノシ

Category: 日記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-)

PageTop↑

ツイッターはじめました

2018.04.01 Sun

どうも皆さんオハコンバンチハ。r89deltaです。
地霊殿やってたらストレスでお腹が痛くなってきて只今身悶え中ですがいかがお過ごしでしょうか。
(原因は6面に残機0で突入する羽目になったため。人工太陽までいけたけど無理だったよ…)

それはともかく、この度Twitterを始めてみることにしました。

リンクはこちら

特に何をする…というわけでもないんですが、流石にそろそろ始めておいた方が良いのかなぁ、と思った次第。
アカウント自体は結構前から作ってたんですが、音ゲーの曲アンロックに使ってたりと結構いい加減だったのでSNSとして使うのは今回が初めてかも。
(一応、中学生~高校生時代に一度やったことはあるんですが、殆ど呟いてませんでした)

つぶやく内容はまだ未定…というかTwitterがどういう仕組みになっているのかすらまだ理解してない段階なんですが、
(ゲームの嗜好もそうだけど、我ながら時代遅れというかなんというか)
とりあえずなんかつぶやくと思います。ドゴンだったりピチューンだったりで大抵つぶやきという体の断末魔になりそうですが…。
一応このブログのPC向け表示にもウィジェットを仕込んでおいたので、興味があればご確認くださいませ。

そんなこんなでTwitterアカウント始動のご連絡でした。ヨロシクオネガイシマス。
ではまた今度(-▽-)ノシ

Category: 日記

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-)

PageTop↑

 | HOME |  Next Page »

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。